2018年 11月 16日 (金)

迎賓館で「アフタヌーン・ティー」をどうぞ 4200円で「貴族」気分味わえる

印刷

   「外国みたい」「これは行ってみたい!」――。迎賓館赤坂離宮(東京都港区)が始めた軽食サービスがSNSで話題だ。

   迎賓館の前庭でアフタヌーン・ティーを楽しめるというもので、まるで「貴族」になったかのような非日常を体験できる。

  • 迎賓館赤坂離宮の公式ツイッターより
    迎賓館赤坂離宮の公式ツイッターより

最高のロケーションで一息

   迎賓館赤坂離宮は1909(明治42)年に東宮御所として建設され、2018年で109年を数える。国内唯一のネオ・バロック様式の宮殿建築物で、国宝にも指定。これまで世界各国の要人が訪れたほか、国際会議の場としても使われている。

   敷地は一般公開もされており、観光地としても人気。「前庭」「本館」「主庭」「和風別館」が参観可能だ。

   18年5月20日からは入り口正面の前庭にキッチンカーが出動している。テーブル席で菓子や紅茶を味わうことができ、歴史的建造物を眺めながら優雅なひとときを楽しめる。

   1日20食限定で、1セット(2人分)税込4200円(参観料は別)。参観可能日は毎日販売しており、営業時間は10時~17時。

   詳細は迎賓館赤坂離宮の公式サイトから。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中