2018年 9月 23日 (日)

W杯ポーランド戦、暴走ファンが心配 大阪・戎橋「飛び跳ね」は極めて危険

印刷

   サッカー・ロシアワールドカップ(W杯)が日本国内で盛り上がるなか、心配な出来事が起きている。

   「日本代表」に関すること...ではなく、「サポーター」についてだ。大阪市の「戎(えびす)橋」にサポーターが詰めかけ、とある行為を連発。これが「極めて危険」だとして注意が呼びかけられている。

  • 戎橋(WikimediaCommonsより)
    戎橋(WikimediaCommonsより)

まるで地震、悲鳴も

   2018年6月25日に行われた日本対セネガル戦。日本代表は格上相手に2-2と引き分け、日本中が歓喜に沸いた。

   試合後、日本国内で応援していた大勢のサポーターは街に繰り出し勝利を祝福。恒例となっている東京・渋谷のスクランブル交差点のように、サポーターが大挙して押しかけた場所がある。

   大阪市中央区の道頓堀川に架かる「戎橋」もその一つ。各報道によると、約500人のサポーターが集結し、橋の上で飛び跳ねたり川に飛び込んだりしたという。日本の応援歌を合唱した際、500人が一斉に飛び跳ねたため橋が上下に振動。デイリースポーツの25日付記事によれば、

「橋が不気味に上下に揺れはじめ、各所で悲鳴があがり、地震が起こったのかと不安がる人も(いた)」

大阪市長がツイッターで注意喚起

   大阪市の吉村洋文市長は26日、自身のツイッターで、

「500人が飛び跳ねることを前提とした設計をしていません。『極めて危険』です。やめて下さい」

と注意喚起。重ねて「28日のポーランド戦で決勝に進出しても、絶対に戎橋の上で飛び跳ねないで下さい」とも嘆願している。

   吉村市長の投稿には、

「本当にやめて欲しい。選手たちはこんなこと望んでない」
「現地にいるサポーターはゴミ拾いをしたり素晴らしいと評価されていても、渋谷や戎橋にいるサポーター(もどき)は恥ずかしくてたまらないです」

などあきれ気味の書き込みが多数寄せられている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中