2019年 12月 8日 (日)

制約の中で美を追求 バッハ作曲、ブラームス編曲「左手のためのシャコンヌ」

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

「決して成就しない恋」がよく語られるが...

   直接的には、右手を故障中のクララが、左手だけで弾けるようにというのが編曲の動機です。しかしこの曲には、ブラームスの、同じドイツの偉大な大先輩であるJ.S.バッハへのリスペクトが詰まっており、同じ「ドイツの作曲家」でもあるクララと、その価値観を共有したかった、ということも言えると思います。

 

   すなわち、オリジナルのバッハ作品は、「無伴奏ヴァイオリン」という、ごくごく限られた楽器編成・・・1人なので、編成というのも奇妙ですが・・・の限界に挑み、「ただ1本のヴァイオリンでここまで素晴らしい曲を構築できるとは!」という驚嘆すべき曲になっているのです。それを豪華にして、言いかえれば音をたくさん付け加えてピアノ曲にするのではなく、左手1本だけで弾くピアノという、これまたハンデのある状況の中で同じ限界に挑もう、としたと思われるのです。この曲は、原曲に非常に忠実に編曲されているのです。もちろん、原曲が素晴らしいので、ブラームスの編曲も素敵な作品に仕上がっていますが、バッハのオリジナル作品がヴァイオリニストにとって大変挑戦的なものであるのと同じく、ブラームスの「ピアノ左手版」も名手の演奏を必要とする難易度の高い作品となっています。

 

   ブラームスというと、ロベルト没後の未亡人であるクララとの「決して成就しない恋」がよく語られますが、この「シャコンヌ」の編曲を見ても、「制限された中での限界に挑む」ブラームスの性格が透けて見えるようです。この曲が、クララに献呈された、というのは大変象徴的です。

本田聖嗣

本田聖嗣プロフィール

   私立麻布中学・高校卒業後、東京藝術大学器楽科ピアノ専攻を卒業。在学中にパリ国立高等音楽院ピアノ科に合格、ピアノ科・室内楽科の両方でピルミ エ・ プリを受賞して卒業し、フランス高等音楽家資格を取得。仏・伊などの数々の国際ピアノコンクールにおいて幾多の賞を受賞し、フランス及び東京を中心にソ ロ・室内楽の両面で活動を開始する。オクタヴィアレコードより発売した2枚目CDは「レコード芸術」誌にて準特選盤を獲得。演奏活動以外でも、ドラ マ・映画などの音楽の作曲・演奏を担当したり、NHK-FM「リサイタル・ノヴァ」や、インターネットクラシックラジオ「OTTAVA」のプレゼンターを 務めるほか、テレビにも多数出演している。日本演奏連盟会員。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!