2018年 9月 24日 (月)

テレビの前に設置してバーチャル3Dサラウンドを サウンドバー

印刷

   ヤマハは、サラウンドシステム「YASシリーズ」から、サウンドバー「YAS-108」を2018年7月上旬に発売。

  • 薄型テレビにもマッチするスリムデザイン
    薄型テレビにもマッチするスリムデザイン

スマホ、タブレットの音楽再生やリモコン操作も

   サブウーファー内蔵のスリムな"ワンボディー"で、薄型テレビの前に手軽に設置でき、テレビ番組や映画などを迫力の音質で楽しめる「フロントサラウンドシステム」。

   前後左右や後方に加え、高さ方向の音場も再現するバーチャル3Dサラウンド技術「DTS Virtual:X」対応で、映像と音声が一体化し、映画や音楽の没入感がより高まるという。

   4K/60pや「HDR(ハイ・ダイナミックレンジ)」映像の伝送、HDCP2.2対応のHDMI端子を装備。テレビ放送のほか「Ultra HD ブルーレイ」などの高画質コンテンツを臨場感ある音場で楽しめる。

   2台のBluetooth機器と同時接続可能なマルチポイント接続に対応し、スマートフォン、タブレットなどの端末からのワイヤレス再生や、8月にアップデートを予定する専用アプリ「HOME THEATER CONTROLLER」による本体操作ができる。

   カラーはブラック。価格はオープン。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中