2018年 9月 22日 (土)

日本代表W杯の善戦に合わせ...企業アカウント「中の人」がロボットでサッカー対決

印刷

   サッカー日本代表がW杯で決勝トーナメントに進出したのを記念して、ベルギー戦前日の2018年7月2日、おもちゃのロボットを動かしてサッカーができるラジコン(RC)シミュレーションゲーム「サッカーボーグ」を使ったトーナメント形式のイベントが開催され、大いに盛り上がった。

   主催者はサッカーボーグを開発し4月に発売したタカラトミー。日本の名だたる企業12社でツイッターの更新を担当している、いわゆる「中の人」が参加して、熱い戦いをくりひろげた。優勝したのは...。

  • 「サッカーボーグ」によるトーナメント戦が開催 (画像はタカラトミーの公式ツイッターアカウントより)
    「サッカーボーグ」によるトーナメント戦が開催 (画像はタカラトミーの公式ツイッターアカウントより)

業種とらえた秀逸異名も...優勝チームに異議あり?

   タカラトミーは、日本代表がポーランド戦で1次リーグ突破を決めた6月29日に公式ツイッターでトーナメントの開催と参加する企業を発表した。

「日本の世界サッカーの前日の7月2日(月)の午後に #サッカーボーグ中の人カップ やります。当日はこの12社で『はんぱないサッカーボーグ選手』を決める対決します(異名を勝手につけてみました)」

・「タカラトミー」(ピッチの絶対的玩具メーカー)
・「ヘルシア公式アカウント」(燃焼系魔法使い)
・「カシオ計算機株式会社」(高速演算のスナイパー)
・「コトブキヤ宣伝」(ゴールエリアの武器商人)
・「モーリーファンタジー」(アミューズメント・モンスター)
・「浅田飴」(せき・こえ・のどの魔術師)
・「ほっともっと」(華麗なる弁当の貴公子)
・「DMM.com」(多事業展開の天才ストライカー)
・「JAPAN AIRLINES」(スカイ・ファンタジア)
・「ノザキ(ノザキのコンビーフ」(コンビーフの悪魔)
・「井村屋」(あずき色の左足)
・「コイケヤキャンペーン」(フライング・ポテトマン)

業種の多彩さ、各企業の特徴を交えた異名のセンスが注目を集めていた。

あの企業がレッドカードで退場!?

   そして、いよいよ7月2日。タカラトミーは結成チームならびにトーナメント表をツイッターに公開した。以下のようになった。

・「井村屋&コイケヤ」VS「JAPAN AIRLINES&ノザキ」
・「ほっともっと&DMM.com」VS「モーリーファンタジー&浅田飴」
・「タカラトミー&ヘルシア」VS「カシオ&コトブキヤ」(シード枠)

   どのチームも真剣で、白熱のバトルが展開された。全試合の対戦動画はタカラトミーがツイッターにアップしている。「DMM.com」がレッドカードをもらい、一発退場となるといった一幕も。同社はボールキープのため、3Dプリンターでつくったヤギの角をロボットに装着・改造していた。

   優勝は、イベント主催者でもありゲームの販売元である「タカラトミー&ヘルシア」チーム。この結果に、納得しがたい気持ちをこめたつぶやきを漏らす企業も...。

モーリーファンタジー「ど゙ゔじでじゅ゙ざい゙じゃ゙が゙ゆ゙ゔじょ゙ゔずる゙ん゙だ゙よ゙お゙お゙お゙ぉ゙お゙」
井村屋「ちゃんとサッカーになるほど操作巧者だったとはいえ、主催者がシード枠、かつ優勝するという結果には納得できないので、焼肉はマストだと思っています」

   なお、参加した企業12社合同のキャンペーンを実施中。タカラトミーのツイッターアカウントならびに応援したい(賞品が欲しい)企業アカウントをフォローし、指定のツイートをリツイートすると、抽選で各企業提供の賞品が当たる。応募は7月8日まで。

   詳細はタカラトミーの「サッカーボーグ」公式ウェブサイトへ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中