2018年 9月 26日 (水)

浴衣で授業、パフォーマンス書道も 七夕に合わせ國學院大學で「和装DAY」

印刷

   國學院大學(東京都渋谷区)は2018年7月6日、学生・留学生らが浴衣で1日を過ごす「和装DAY」を開催した。「和装DAY」は日本文化の継承と体験を目的としたイベントで、15年から毎年七夕の時期に行っている。

   4回目の開催となる今年は、新たな取り組みとして「パフォーマンス書道」を実施。この日1番の盛り上がりを見せた。

  • 今年初の取り組み「パフォーマンス書道」
    今年初の取り組み「パフォーマンス書道」
  • 針本正行副学長による公開授業
    針本正行副学長による公開授業
  • イベントを楽しむ男子学生ら
    イベントを楽しむ男子学生ら
  • 涼しげな「江戸風鈴」
    涼しげな「江戸風鈴」
  • 川柳を発表する「ミス&ミスター國學院」候補者
    川柳を発表する「ミス&ミスター國學院」候補者

授業の合間に「風鈴の絵付け」や「打ち水」も

   J-CASTトレンドはイベント当日、大学を訪問した。

   この日はあいにくの雨だったが、学内に入ると色とりどりの風車や、七夕飾りが迎えてくれた。「和装DAY」は、普段通りに講義が行われるなか、さまざまな企画が行われる。企画の1つである公開授業では、針本正行副学長が和装で「日本文学」の講義を行った。

   キャンパス内では、講義の合間と思われる学生が風鈴の絵付けをしたり、「打ち水」企画を行っていた。友人らと写真を撮っていた男子学生らは、「浴衣を着るのは新鮮」「初めて着たかも」と話した。

パフォーマンス書道に「感動した」「かっこいい」

   今年の目玉は、「パフォーマンス書道」。この企画は、今年で10回目の開催となる「國學院大學ミス&ミスターコンテスト2018」ファイナリスト(最終候補者)のお披露目イベントも兼ねている。

   企画では、「ミス&ミスター國學院」候補者の男女ペア5組がそれぞれ川柳を発表し、前日のツイッター投票で選ばれた1組の作品を「パフォーマンス書道」で公開した。2人の女子学生がパフォーマンスを行い、候補者らは「初めて見る大きな書道に感動した」「かっこよかった」とコメントした。

   「パフォーマンス書道」を含む、さまざまな企画を運営したのは、同大学のイベント企画サークル「ideed(アイディード)」だ。今回初めての企画について、代表を務める3年生の竹尻未奈さんは、

「今年は(コンテストが始まって)10周年ということもあり、大きくやりたいということで企画しました。國學院大學は『和』の大学なので、(候補者たちに)川柳を読ませれば?となりました。パフォーマンス書道以外にも、垂れ幕とか、ほかの案もあったのですが風に飛ばされるといけないので(笑)」

と話してくれた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中