2018年 7月 20日 (金)

八丈島の観光が便利に 店舗レジがATMの代役になるサービス導入 

印刷

   東京都八丈町は、2018年7月5日、島内民間事業者(空港、ホテル、タクシー、スーパー等)と連携し、店舗レジで買い物の支払と同時に現金を引き出せる「J-Debit『キャッシュアウト』」サービスを、2018年7月14日から開始すると発表した

  • 八丈島の観光が便利に
    八丈島の観光が便利に
  • 「J-Debit」の利用イメージ
    「J-Debit」の利用イメージ

J-Debitキャッシュアウトのモデルケースに

   「J-Debit」はデビットカードの普及を推進する「日本電子決済推進機構」が18年4月から開始した、キャッシュカードを使って支払が出来るデビット決済(口座即時引落)サービスだ。支払代金は銀行口座から即時引き落としされる。

   八丈島は「東京都」とはいえ都心に比べ、現金決済のみの店舗が多いうえ、ATM(現金自動預払機)設置数が少なく、土日祝日や深夜は稼動時間が限定されている。そのため、八丈島のATM利用環境を知らずに来島した観光客が現金を引き出せず、町役場などに不満が多く寄せられており、観光課題となっていた。

   「J-Debit」が八丈島全域に導入されることで、ATMがない地域や、ATM営業時間外でも現金の引き出しが可能となる。観光客の利便性向上や、これまで現金が足りず購買が諦められていたケースが減ることによって、店舗の売上増に繋がり、地元経済の活性化が期待される。

   今後、日本電子決済推進機構は、ATM利用環境に対して課題を抱える全国の島しょ地域、山間部や過疎地域などで、八丈島をモデルケースとした「J-Debit」の導入を支援する。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中