2018年 11月 15日 (木)

ドリトス新商品は「青緑色チップス」 見た目は衝撃的も食べたら「これは...」

印刷

   スナック菓子「ドリトス」に2018年6月25日、新フレーバー「ワイルドミート味」が登場した。

   入っているのは青緑色のチップス...、いったいどんな味なのか、J-CASTトレンド記者は早速試食した。

  • ドリトスに「ワイルドミート味」登場
    ドリトスに「ワイルドミート味」登場
  • 青緑色のチップス
    青緑色のチップス

香ばしいビーフの香り

   袋を開けると香ばしいビーフの香りが鼻をくすぐった。だが、出てくるのは青緑色のチップス。正直に言うと、口に入れるのには少し勇気が必要だった。

   とりあえず1枚、食べてみた。コショウがきいていて、ほどよい甘じょっぱさ。ドリトス独特の食感とあいまって、食が進む。近くにいた記者2~3人にも食べてもらったが、みな最初は色合いに驚きをみせながらも「おいしい」との感想だった。

   チップスは噛んだときの「パリッ」「ザクッ」とした食感を残しつつも、1ミリほどの絶妙な厚さが、満足感と食べ応えをもたらしてくれる。

   この「ワイルドミート味」は、人気映画シリーズ「ジュラシックパーク」の最新作「ジュラシック・ワールド/炎の王国」(7月13日公開)とのコラボ商品だ。映画の主要キャラクターである恐竜「ブルー」(ヴェロキラプトル)をモチーフに開発された。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中