2021年 9月 29日 (水)

日本人の3~4人に1人が「頭痛持ち」 専門医「ガマンは禁物」と警鐘

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

「痛みを我慢してもメリットはない」

   頭痛時の鎮痛薬の使用について聞くと、全体の約半数は「痛みが強いときだけ使用」(51.7%)しているが、約3割は「痛みが出たらいつも使用する」(29.8%)、残りの2割弱は鎮痛薬をほとんど使わず「基本、ガマンする」(18.5%)と答えている。

   痛みの度合いにかかわらず早めに対処すると答えた人を「痛み開放派」、鎮痛薬を使わない人を「痛みガマン派」とし、自分自身の意識に当てはめてもらった。「夫や恋人に愛されている」と感じるのは「解放派」56.4%、「ガマン派」44.1%で、「仕事もプライベートも充実」と感じるのは「解放派」48.0%、「ガマン派」35.1%、「1日の時間を有効活用できている」と感じるのは「解放派」38.0%、「ガマン派」25.2%という結果だった。調査結果では、痛みに早めに対処する「解放派」の女性の方が、さまざまなシーンにおいてポジティブに取り組んでいる傾向がみられた。

   発表資料によれば、清水先生は頭痛に対し、「痛みを我慢してもメリットはない」と主張している。脳がパニック状態を起こしているため、仕事上のミスが増えたり、能率が落ちてしまうこともある。慢性頭痛のある人は、なるべく専門医を受診したり鎮痛薬で痛みを和らげるなど、何らかの対処をすることを勧めている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!