2018年 8月 17日 (金)

思い出の写真や重要データが水浸し 西日本豪雨の被災者に「救いの手」次々と

印刷

   西日本を襲った記録的な豪雨では、水害で家屋の浸水など深刻な被害が起きた。思い出の写真や大事なデータが詰まったデジタル機器が水浸しになったという被災者も少なくないだろう。

   そんな中、これらの復元に複数の企業が名乗りを上げている。

  • 富士フィルム直営写真店「WONDER PHOTO SHOP」の公式ツイッターより
    富士フィルム直営写真店「WONDER PHOTO SHOP」の公式ツイッターより

早期対応が必要な罹災写真

   子ども向け写真館を展開する「スタジオアリス」は、同社で撮影した写真を対象に、消失・損傷した写真の復元を無償で行なっている(撮影時期によっては不可)。また、同社以外で撮影した写真にも対応が可能だとして、各店舗での相談を受け付けている。

   富士フィルムの公式サイトによれば、水没した写真はバクテリアやカビなどが繁殖して劣化が進行。速やかな処置が求められるという。企業に依頼する余裕がない場合、個人でもできる対処方法を紹介している。

   水害の影響を受けたデジタル機器にも、対処の動きがある。パソコン修理の「日本PCサービス」は、西日本全域を対象に、パソコン・USBメモリ・SDカード・サーバーなどのデータ復旧料金を半額にする。詳しい問い合わせの電話は、0800-555-0049まで。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中