2018年 8月 18日 (土)

わずか2分の間奏曲「熊蜂の飛行」 派手な技巧、近年はボーカロイド演奏も

印刷

   先週は、「毒蜘蛛」を由来に持つおそろしげな「タランテラ」をご紹介しましたが、今週は、毒蜘蛛と同じぐらい人間にとっては恐ろしい昆虫、熊蜂(クマバチ)が登場します。人気曲で、広く知られているリムスキー=コルサコフの「熊蜂の飛行」です。

  • オーケストラの総譜。熊蜂が飛ぶような音はフルートとヴァイオリンでまず演奏される
    オーケストラの総譜。熊蜂が飛ぶような音はフルートとヴァイオリンでまず演奏される
  • 独奏楽器とピアノ伴奏のために編曲された楽譜。独奏楽器の超絶技巧曲を披露する曲としても人気が高い。
    独奏楽器とピアノ伴奏のために編曲された楽譜。独奏楽器の超絶技巧曲を披露する曲としても人気が高い。

蜂の大群が羽音を響かせながら海を渡る場面描く

   「ロシア5人組」という、国民楽派のグループの一人であったニコライ・リムスキー=コルサコフは、ロシア音楽の発展に心を砕き、作品の基礎にロシアの伝説や物語を多く採用し、また次世代ロシアを担う優秀な弟子も多く育てた人でした。

   そんな彼が1890年に、プーシキンの同名の詩を原作とし、ウラディミール・ベルスキーという人物が台本を書いた「サルタン皇帝の物語」というオペラ作品を作り上げます。王家の愛憎を童話的タッチで描いた物語でしたので、オペラも、どちらかというと子供に喜ばれるような作品でした。

   姉2人の王への讒言(ざんげん)によって、王妃の位を追われた母と、その愛情を受けて流刑の地ですくすくと育った王子が、「悪役」である叔母たちを懲らしめに行く場面の音楽が、「熊蜂の飛行」です。王子は、助けた白鳥の恩返しの魔法によって、なんと蜂に自らの姿を変え、海を渡って復讐に出発するのです。この場面で流れるオーケストラによる「間奏曲」が、「熊蜂の飛行」として知られた曲です。

   蜂の大群が、羽音を響かせながら海を渡る場面を、描写的に描いた音楽は、同じロシアの作曲家ラフマニノフがピアノソロに編曲したり、またその技巧的な派手さから、ヴァイオリンをはじめ、多くの独奏楽器向けに編曲され、大人気となりました。さらには、クラシックのジャンルをも超えて、ギターソロによるロックや、近頃ではボーカロイドによる演奏も多く見かけます。

「クラシックの名曲」として不動の人気

   作曲者リムスキー=コルサコフにとってもこれは意外なことだったかもしれませんが、オーケストレーションの大家であり、ロシア的、すなわち、それまでのクラシック音楽からしたら少しエキゾチックな要素をふんだんに盛り込むリムスキー=コルサコフの狙いは、この曲でも見事に効果を発揮しているのです。

   オペラオリジナル版でも3分台、管弦楽組曲用の短い編曲ならわずか2分という短い曲である「熊蜂の飛行」は、オリジナルのオペラが上演されることがごくまれなのと対照的に、「クラシックの名曲」としての、不動の人気を誇っています。

本田聖嗣

本田聖嗣プロフィール

   私立麻布中学・高校卒業後、東京藝術大学器楽科ピアノ専攻を卒業。在学中にパリ国立高等音楽院ピアノ科に合格、ピアノ科・室内楽科の両方でピルミ エ・ プリを受賞して卒業し、フランス高等音楽家資格を取得。仏・伊などの数々の国際ピアノコンクールにおいて幾多の賞を受賞し、フランス及び東京を中心にソ ロ・室内楽の両面で活動を開始する。オクタヴィアレコードより発売した2枚目CDは「レコード芸術」誌にて準特選盤を獲得。演奏活動以外でも、ドラ マ・映画などの音楽の作曲・演奏を担当したり、NHK-FM「リサイタル・ノヴァ」や、インターネットクラシックラジオ「OTTAVA」のプレゼンターを 務めるほか、テレビにも多数出演している。日本演奏連盟会員。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中