2018年 9月 26日 (水)

羽生結弦にシャンシャン、秋田犬... 雑誌「田舎暮らしの本」が謎付録を連発

印刷

   2018年春から、宝島社の雑誌「田舎暮らしの本」に「別冊付録」が付いている。ところがその中身は、パンダのシャンシャンのカレンダー、平昌五輪メダリストの写真集と、本誌とは何の関係もなさそうなものばかりだ。

   J-CASTトレンド記者は2018年7月18日、この「不思議付録」について宝島社を取材した。「田舎暮らしの本」の柳順一編集長が明かしてくれた、付録へのこだわりとは――。

  • 別冊付録の内容が気になる雑誌「田舎暮らしの本」(宝島社)
    別冊付録の内容が気になる雑誌「田舎暮らしの本」(宝島社)
  • 7月号付録の「シャンシャンの毎日」(32ページフルカラー)と8月号付録の「大好き!秋田犬」(24ページフルカラー)
    7月号付録の「シャンシャンの毎日」(32ページフルカラー)と8月号付録の「大好き!秋田犬」(24ページフルカラー)
  • 編集長厳選の写真が掲載されている
    編集長厳選の写真が掲載されている

田舎暮らしの空気感や楽しさを付録に込める

   1987年に創刊した「田舎暮らしの本」は、田舎の物件情報や生活の豆知識を掲載している雑誌だ。柳編集長によると、過去にカレンダーを付録にしたことはあったが、定期的に別冊付録を付け始めたのは2018年4月号からだという。

   記者が気になったのは、これまでの付録のラインナップだ。

・4月号「パンダのシャンシャンカレンダー」
・5月号「平昌オリンピック 男子フィギュア メモリアル」
・6月号「平昌オリンピック 女子カーリング メモリアル」
・7月号「シャンシャンの毎日」
・8月号「大好き!秋田犬」

   「田舎暮らし」とは縁遠い中身のようだが、柳編集長はこう答えた。

「ご指摘の通り、『田舎暮らしに関係ないものがついてる!』と思われるかもしれません。しかし、付録がきっかけで『田舎暮らしの本』を知ってくださった方もいらっしゃると思います。付録を入口に、"田舎暮らし"に興味をもってくださる方が増えることは嬉しいことです」

   付録の内容は「女性の読者層」も意識していると明かす。

「4月号ではシャンシャンのカレンダーをつけ、女性の購読者が増えたため、5・6月号ではオリンピックにちなんでフィギュアとカーリング女子の写真集をつけました」

   動物ものが多いことについては、

「田舎を好む方は動物好きも多いんです。田舎暮らしの空気感や楽しさを付録でも表現できればと思っています」

と話した。

   ネット上では、付録に使用されている写真のセレクトが評判だ。何かこだわりはあるのか。

「こだわりとしては、田舎の移住を検討していたり、興味のある人たちは、みなさん『癒やし』を求めているので、見ていて"ほっこり"する写真選びを意識しています。女性に『可愛い』と思ってもらえる写真をアラフィフの編集長が頑張って厳選しています」

「付録も特集の1つだと考えています」

   宝島社はファッション誌が有名で、ブランドとコラボとしたコスメやファッションアイテムなど、毎号付録が付いている。柳編集長は、「(社内の)会議で、「『田舎暮らしの本』でもつけてみよう!」という話になったのが(付録を始めた)きっかけです」と話した。

「田舎暮らしに関心がある方に、手に取っていただける一因になればと思っています。実際に女性の購読者が増えたり、『付録を目当てに購入したが、田舎暮らしにも興味をもった』という嬉しいコメントもいただいています」

   今後も付録には力を入れていく。

「付録も特集の1つだと考えています。動物ものが続いていますが、今後も『田舎暮らしの本』が面白いことしてる!と思ってもらえるようなコンテンツを考えていきたいと思っています」

   8月3日発売の9月号では、「雪の妖精」と呼ばれる、北海道に生息する可愛い小鳥「シマエナガ」の写真集を別冊付録にする予定だという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中