2018年 9月 19日 (水)

病気になる前に自分で予防 アルフレッサ ヘルスケアが「メディアサロン」

印刷

   家庭用医薬品や医薬部外品販売の「アルフレッサ ヘルスケア」は、2018年7月23日、東京・日本橋の本社で「第1回 H&BCメディアサロン」を開催した。

  • セミナーに登壇した勝木社長(2018年7月23日撮影)
    セミナーに登壇した勝木社長(2018年7月23日撮影)
  • 毎月17日は「減塩の日」(2018年7月23日撮影)
    毎月17日は「減塩の日」(2018年7月23日撮影)
  • アルフレッサ ヘルスケアの専売商品(2018年7月23日撮影)
    アルフレッサ ヘルスケアの専売商品(2018年7月23日撮影)

体内の余分な塩分を排出する「排塩」

   セミナーでは勝木尚社長が登壇した。国家予算の約半分を医療費が占めていることを受け、「病気になってからは遅い」ということで「セルフプリペンション(自己予防)」に期待が寄せられると説明した。勝木社長自身、毎朝手作りの野菜ジュースを飲み、健康に気を遣っていると話した。

   その後、同社が専売商品として扱っている健康補助食品「しおナイン」が紹介された。現代社会にありがちな塩分の摂りすぎに対応した商品との説明だ。昨今さまざまな「減塩」食品が発売されているが、「しおナイン」は、体内の余分な塩分を排出する「排塩」を促す。海藻とタマネギのエキスが配合され、タマネギに含まれる「アリシン」や「ケルセチン」という成分には血液をサラサラにしたり、冷え性の改善や生活習慣病予防が期待できるとのことだった。

   同社は「塩分計」を使って、「しおナイン」の「排塩」について測定する動画を公開した。1.1%(食塩水)だった塩分が、「しおナイン」を混ぜると、わずか2分で0.65%まで減少した。塩分が約41%カットされたこということを示した。

   ちなみに、通常必要とされる「塩分」は排出されないとのこと。またこの商品は未成年者や妊産婦は対象外なので、使用の際は注意が必要だ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 【9月20日開催】人事・労務担当者必聴セミナー 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中