2020年 1月 26日 (日)

中津川フォークジャンボリー
開催は「ウッドストック」よりも早かった

印刷
不動産価格上昇中!不動産の価値は?一括無料査定でチェック!

テレビカメラへの不満

   彼らの主張は「商業主義粉砕」だった。

   伏線はいくつかあった。

   一つは会場に入っていたテレビカメラに対しての不満。彼らにとって「テレビ」は商業主義のシンボルであり自分たちの音楽とは相いれないものだった。二つ目は出演者の顔ぶれの幅広さに対しての不満。そうした出演者の演奏中に「岡林を出せ」という野次が飛んだりしていた。三つめは初めて経験する野外コンサートへの不慣れからくる不満だろう。

   吉田拓郎がサブステージ出演中にステージの電源が切れた。彼は同じステージですでに出番の終わっていた小室等の六文銭を呼び一緒に「人間なんて」を歌い始める。実際は30分から40分だっただろうと言われている即興演奏。アルコールも入ってトランス状態になった客席に小室等が口にした「メインステージに行こう」という呼びかけがきっかけになって数百人がメインステージに隊列を組んで向かってゆく。

   いくつもの要因や条件が重なって、メインステージは深夜の野外討論の場となり、そのまま終わってしまった。

   第三回中津川フォークジャンボリーは「伝説の野外イベント」と語り継がれている。

   それは、アマチャアの音楽として始まったフォークソングが時代の音楽になり、商業化してゆく過程の象徴的な出来事だったからだ。

   翌、1971年11月、上條恒彦と六文銭の「出発の歌」が世界歌謡祭のグランプリを獲得、72年1月、吉田拓郎の「結婚しようよ」が大ヒットして状況が変わる。

   ウッドストックに憧れた若者たちが夏の伝説を生み出すようになるのはこの後からだった。

(タケ)

タケ×モリ プロフィール

タケは田家秀樹(たけ・ひでき)。音楽評論家、ノンフィクション作家。「ステージを観てないアーティストの評論はしない」を原則とし、40年以上、J-POPシーンを取材し続けている。69年、タウン誌のはしり「新宿プレイマップ」(新都心新宿PR委員会)創刊に参画。「セイ!ヤング」(文化放送)などの音楽番組、若者番組の放送作家、若者雑誌編集長を経て現職。著書に「読むJ-POP・1945~2004」(朝日文庫)などアーテイスト関連、音楽史など多数。「FM NACK5」「FM COCOLO」「TOKYO FM」などで音楽番組パーソナリテイ。放送作家としては「イムジン河2001」(NACK5)で民間放送連盟賞最優秀賞受賞、受賞作多数。ホームページは、http://takehideki.jimdo.com
モリは友人で同じくJ-POPに詳しい。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!