2018年 11月 18日 (日)

京都の女性専用宿泊施設「CAFETEL」が大注目 アクセス抜群で観光も楽々 

印刷

   京都の「女性専用」宿泊施設が、ツイッターで話題を呼んでいる。

   投稿されたのは、2018年7月2日にオープンした「CAFETEL 京都三条 for Ladies」という宿泊施設の写真だ。見ると、カフェのようなくつろぎとホテル並みの安心感、ホステルのようなカジュアルさを備えている印象を受けた。部屋は白を基調とした部屋にカラフルなクッションが並び、デザイン性が高く見える。ツイートは7月24日に投稿され、26日正午の時点で10万件超のリツイートを獲得した。

  • 「CAFETEL 京都三条 for Ladies」個室タイプ
    「CAFETEL 京都三条 for Ladies」個室タイプ
  • ドミトリータイプ
    ドミトリータイプ
  • 1Fカフェ
    1Fカフェ
  • 「三嬢さんパンケーキ」
    「三嬢さんパンケーキ」

カフェとホステルが融合

   「CAFETEL 京都三条 for Ladies」は、京都市内を流れる鴨川に面しており、祇園や東山など主要な観光スポットに近く、京阪電車・三条駅と京都市営地下鉄・三条京阪駅に直結している。

   1階のカフェは、「CAFETEL 京都三条 for Ladies」のシンボルで女子旅中の3人をイメージした、「三嬢(さんじょう)さん」のアートを配している。フォトジェニックな空間で、宿泊者に限らず誰もが利用できる。「三嬢さんパンケーキ」やオリジナルフォトプロップスなど、味だけでなく見た目でも楽しめる。

   2階・3階のホステル(宿泊)部分は、女性専用で3人部屋の個室が主体だ。一人旅の旅行客向けのドミトリータイプもある。企画・開発・運営は、施設がターゲットとしている20代の女性スタッフを中心に行われ、同世代だからこそ共感できる要素を盛り込んだ。

   ツイッターではデザインだけでなく、リーズナブルな価格設定も注目を集めている。価格は変動があるが、個室の最安値は1人4000円から、ドミトリーの最安値は1人3500円からとなっている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中