2018年 10月 23日 (火)

東京五輪で最先端モビリティソリューション提供 トヨタ自動車

印刷

   トヨタは、東京2020オリンピック・パラリンピックに最先端モビリティソリューションを提供する。

   2018年7月23日の発表によると、「すべての人に移動の自由を」、「水素社会の実現を核としたサステナビリティ(環境・安全)」、「トヨタ生産方式を活用した大会関係者輸送支援」の3つをテーマとし、従来の車両供給の枠を超えたモビリティソリューションの提供を目指すという。

  • 東京2020大会に最先端モビリティを提供
    東京2020大会に最先端モビリティを提供

従来の車両供給の枠を超えて

   具体的には、モビリティサービス専用次世代電気自動車"e-Palette"の運行システムの提供を通じて、選手村での選手や大会関係者の移動をサポート。また、障害を持つ人々のための福祉車両であるウェルキャブや、今後公表予定だというパーソナルモビリティなどのバリアフリーなモビリティを提供する。さらに、様々な人に優しい快適なタクシー専用車として開発された"JPN TAXI(ジャパンタクシー)"が東京に訪れる世界中の人々を迎える。

   その他、警備などの大会スタッフ用の立ち乗りモビリティや"TOYOTA i-ROAD"などの小型モビリティを提供。東京2020大会を水素社会の実現に向けた契機とすべく、大会公式車両として燃料電池自動車「MIRAI」や燃料電池バス「SORA」、豊田自動織機製の燃料電池フォークリフトなどを提供し、大会のビジョンである「史上最もイノベーティブで、世界にポジティブな改革をもたらす大会」に貢献していくという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中