2018年 11月 15日 (木)

東京五輪に向けお台場を盛り上げる 4商業施設が合同キャンペーン

印刷

   東京・お台場エリアにある4商業施設「アクアシティお台場」、「ヴィーナスフォート」、「ダイバーシティ東京 プラザ」、「デックス東京ビーチ」は、2018年8 月1 日~31 日の期間、合同キャンペーン「Tokyo Shopping Week at ODAIBA」を実施する。

  • 東京・お台場エリア4商業施設で合同キャンペーン
    東京・お台場エリア4商業施設で合同キャンペーン

「Visaカード」で支払うとスクラッチカードもう1枚

   4施設、合計約480店舗にて、税込1000 円以上利用した訪日外国人観光客を対象に、1回の支払いに付き、スクラッチカードを1枚プレゼントする。「Visaカード」を使って会計した場合はさらにもう1枚、計2枚もらえる。スクラッチカードは最大1万円分の利用券が当たる。期間中、全施設にて次回以降の買いものや食事で利用できる。

   このキャペーンはお台場エリア4商業施設が主催し、「ビザ・ワールドワイド」の協力のもと、東京五輪・パラリンピックが開催される2020 年に向け、さらなるお台場エリアの発展や認知拡大を目指すことを目的としている。Visa カードは、五輪会場で唯一使用できる決済カードで、現金を持たずキャッシュレスでの支払いに慣れた外国人観光客に対応する。

   なおキャンペーンではスクラッチカード配布のほか、お台場のマップ・アクセス情報、施設情報、キャンペーン特典などを紹介する公式パンフレット(英語・繁体字)を制作し、参加施設のほか、羽田空港・成田空港の国際線到着ロビー階、都内宿泊施設等にて配布する。

   さらに、訪日台湾人へ旅行情報を提供するフリーマガジン「日本放題」ともタイアップし、オリジナルフリーペーパー「お台場放題」を持参した人には、先着でオリジナルトートバッグをプレゼントする。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中