2018年 10月 24日 (水)

自然のチカラを自分のペースで取り込める 南アルプス発エナジードリンク

印刷

   サントリー食品インターナショナルは、エナジードリンク「サントリー 南アルプス PEAKER(ピーカー)ビターエナジー」を2018年8月21日に1都10県(東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、茨城県、栃木県、群馬県、長野県、新潟県、山梨県、静岡県)で発売する。

  • 自然のチカラにこだわったエナジードリンク
    自然のチカラにこだわったエナジードリンク

カフェイン量は従来のエナジードリンクより少ない

   発表資料によると、近年のストレス社会を背景にエナジードリンク市場が伸長している一方で、「化学的で人工的なイメージがある」「何が入っているか分からないので飲むのが少し怖い」などの利用者の声があることが分かったという。

   そこで、新潟県三条市で創業した日本のアウトドアメーカー「スノーピーク」と共同開発した、自然のチカラを自分のペースで取り込める南アルプス発のエナジードリンクが登場だ。

   独特な味わいでカフェインを含む茶葉である「グアユサ」や、コクがあり後キレの良い爽快な辛みのジンジャー、クリアな清涼感のミントを使用。自然が育んだ素材のエナジー感にこだわった味わいに仕上げた。また、ホップと有機グレープフルーツ果汁のクセになる苦みと喉にグッとくる強炭酸の刺激を合わせることで、これまでにないエナジー感を生み出している。

   カフェインの量は従来のエナジードリンクよりも少ない1本あたり45ミリグラム。525ミリリットルの緑茶飲料1本分とほぼ同量だ。また、てんさいを原料とした糖類で、持続性エネルギー源であるパラチノースを使用している。 持ち運びができてどんなシーンでも自分のペースで飲める、再栓可能なペットボトル容器を採用した。

   内容量375ミリリットルペットボトル、価格は190円(税別)。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中