2018年 12月 11日 (火)

「太めの体型は仕事のため」と豪語も... カンニング竹山に「脂肪依存症」の診断 

印刷

   お笑いタレントのカンニング竹山さん(47)に、悪玉コレステロールの魔の手が迫っていた。2018年7月19日放送「主治医が見つかる診療所」(テレビ東京)に出演した際、基準値を上回っていることが発覚したのだ。

   2017年4月の放送では、中性脂肪が基準値の3倍だと判明していた。7月の放送では当時を振り返り、「変えなきゃと思いました」と自覚はあった様だが、その食生活をチェックしてみよう。

  • カンニング竹山さん(2015年6月撮影)
    カンニング竹山さん(2015年6月撮影)
  • 2度の発熱を経験した(カンニング竹山さんのツイッターより)
    2度の発熱を経験した(カンニング竹山さんのツイッターより)
  • おいしそうな弁当も作っているが、ファンからは「全然ボケねえな」(カンニング竹山さんのインスタグラムより)
    おいしそうな弁当も作っているが、ファンからは「全然ボケねえな」(カンニング竹山さんのインスタグラムより)

休肝日設けても酒量変わらず、おつまみにから揚げやポテトフライ

   番組で「野菜は普通の人より食べます」と話した竹山さんだが、紹介された夕食はマヨネーズたっぷりのハムをレタスで包んだもの。お酒を飲んだ次の日などに実践しているそうだが、なんとも豪快な食べ方だ。野菜は摂ってはいるが、マヨネーズたっぷりなのが気になる。

   昼食に取り出したのは、最低でも月に1度は作っているという手作りの弁当だ。1年前は楽屋で出された弁当にうどんといった、炭水化物の重ね食べをしており、それと比べれば現在はかなり気を遣っている様子。しかし中身は牛肉の炒め物とローストビーフ、鶏そぼろのせご飯といった、肉中心のおかず。竹山さんは弁当をSNSにあげたところ、ファンから「茶色すぎ」とのクレームが来たことがあり、「わざとこういうの作って出してる」という。

   以前は毎日のように飲んでいたお酒。今では週に2日ほど「休肝日」を設けている。ただ酒量は変わっていないようで、後輩芸人らとの飲み会では、ビール2杯に芋焼酎のロック3杯、おつまみに鶏のから揚げやポテトフライ、チーズタッカルビを頼んだ。

   VTR内でお酒が回った竹山さんは「この5人(後輩芸人と自分)の中でブリーフ一丁になったら誰が1番面白い体型?(自分が1番だとし)仕事ではそれが正解だよ」と豪語。スタジオでも、「太めの体型は仕事のため」と説明した。

「やせたところで家賃払えなかったらどうすんだ」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • ついに第1号か!? GDPR違反で巨額制裁金 課される企業はあの......

  • 「就活応援」トークライブ北条かや×石渡嶺司の「会社に騙されないシューカツ」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中