2018年 10月 23日 (火)

中身がごっそり削られ「別の曲」として生き残る 忘れられた作曲家・フンメルの「幻想曲」

印刷

   クラシック音楽の長い歴史において、忘れられた作曲家はたくさんいます。いやむしろ、「歴史に名を遺した」人たちのほうが稀なわけで、一人の天才が活躍した周囲には、たくさんの名を残さなかった音楽家たちも活動していたのです。

   また、死後になって作品が評価されることもある作曲家は、生前はあまり有名でない場合も多く、逆に、存命当時の名声が、その後急速に潰えた・・という人の例もあります。

   今日取り上げる作曲家は、ヨハン・ネポムク・フンメル、曲は、彼の「ヴィオラとオーケストラのための『幻想曲』」を舞台に上げましょう。

  • フンメルの『幻想曲』の楽譜(伴奏を管弦楽からピアノにした編曲版)。楽譜にはただ、幻想曲とだけ書いてある
    フンメルの『幻想曲』の楽譜(伴奏を管弦楽からピアノにした編曲版)。楽譜にはただ、幻想曲とだけ書いてある
  • フンメルの『幻想曲』の楽譜(伴奏を管弦楽からピアノにした編曲版)。楽譜にはただ、幻想曲とだけ書いてある
    フンメルの『幻想曲』の楽譜(伴奏を管弦楽からピアノにした編曲版)。楽譜にはただ、幻想曲とだけ書いてある

超有名だったのに、後世ではほとんど演奏されず

   フンメルは、同時代の人にとっては超有名演奏家にして、作曲家でした。幼いころから天才と言われ、モーツァルトに認められて内弟子となり、その後は、ハイドンに師事してその宮廷楽長ポストを引き継ぎ、そのほかの街でも宮廷楽長を歴任し、同時に、音楽の都ウィーンで活躍するピアニストでもありました。生前は「最も活躍し、輝いている音楽家」だったことは間違いありません。作曲においても、オペラにオーケストラ用作品、協奏曲、室内楽曲、ピアノ独奏曲、と多岐にわたり、かなりな作品数を残しました。

   活躍したのが「古典派の最後期」で、その後に、テイストの違うロマン派の時代がやってきたという時代のめぐりあわせもあり、フンメルは、ヨーロッパを股にかけて活躍したのに、死後は急速に忘れ去られました。現在古典派の研究が進むにつれ、作曲家としてもたくさんの作品を残したフンメルも注目されるようになってきましたが、それでも、彼の師たちの作品に比べれば、「ほとんど演奏されない作曲家」といっても過言ではありません。

   今日の一曲は、そんな彼の1曲、「幻想曲 ト短調 Op.94」です。ソロ・ヴィオラと管弦楽のための作品で、フンメル作品の中でも、比較的演奏機会がある曲です。その理由は、独奏楽器として認知されていなかった弦楽器・・すなわちヴィオラがソロとして活躍する、珍しい曲だからなのです。

本田聖嗣プロフィール

   私立麻布中学・高校卒業後、東京藝術大学器楽科ピアノ専攻を卒業。在学中にパリ国立高等音楽院ピアノ科に合格、ピアノ科・室内楽科の両方でピルミ エ・ プリを受賞して卒業し、フランス高等音楽家資格を取得。仏・伊などの数々の国際ピアノコンクールにおいて幾多の賞を受賞し、フランス及び東京を中心にソ ロ・室内楽の両面で活動を開始する。オクタヴィアレコードより発売した2枚目CDは「レコード芸術」誌にて準特選盤を獲得。演奏活動以外でも、ドラ マ・映画などの音楽の作曲・演奏を担当したり、NHK-FM「リサイタル・ノヴァ」や、インターネットクラシックラジオ「OTTAVA」のプレゼンターを 務めるほか、テレビにも多数出演している。日本演奏連盟会員。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中