2018年 10月 16日 (火)

煙のない音楽フェス実現を SUMMER SONIC 2018で「紙」から「加熱式」たばこへ

印刷

   たばこ製造の「フィリップ モリス ジャパン(PMJ)」は、ロック・フェスの企画制作を手掛ける「クリエイティブマンプロダクション」主催の音楽フェス「SUMMER SONIC 2018」に協賛する。「SUMMER SONIC 2018」は2018年8月18日、19日にZOZOマリンスタジアム、幕張メッセ(いずれも千葉県)と舞洲SONIC PARK(大阪府)で開催される。

  • 過去のSUMMER SONICの様子
    過去のSUMMER SONICの様子

成人喫煙者にIQOSを無料貸し出し

   今年のSUMMER SONICでPMJは、「煙から蒸気へ。煙のない、音を浴びよう。」をテーマに、各会場の複数か所に加熱式たばこ「IQOS」の 専用エリア「IQOS SPOTS」を設置する。そのほか、IQOSの無料貸し出しを行う「IQOS レンタルステーション」および「IQOS 専用のサービスセンター」を開設し、利用者に紙巻きたばこから加熱式たばこへの切り替えを促進する。

   8月2日付の発表資料によれば、日本でのIQOS使用者は500万人を超えている。SUMMER SONICでは、事前にIQOSをSUMMER SONIC公式ウェブサイト、IQOSオンラインストア、SUMMER SONIC IQOS専用ダイヤルから、もしくは当日購入した人に対し、SUMMER SONIC×IQOSオリジナルTシャツ(非売品)のプレゼント・キャンペーンを実施する。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中