2018年 8月 16日 (木)

USEN NEXTHOLDINGS宇野社長の悲願 大胆な働き方改革で「1兆円企業」目指す

印刷

   音楽・映像配信などを手がけるUSEN-NEXT HOLDINGS(以下、USEN)が「ワークスタイルイノベーション」を掲げ、働き方改革に取り組んでいる。

   この改革は、USENの宇野康秀社長の悲願でもあった。そのため社長自ら陣頭指揮を取り、30年越しの「大願成就」を目指す。2018年8月8日にはメディア向けに説明会を開き、宇野社長がその意図を語った。

  • 宇野社長
    宇野社長
  • 「新オフィスの設備」の一例
    「新オフィスの設備」の一例

働く「場所」「時間」を自由に

   改革は、社内制度とオフィス環境で進められている。社内制度では18年6月から「スーパーフレックス」「テレワーク」を導入した。

   USENではこれまで勤務時間を9時30分~18時に固定していたが、18年6月から「スーパーフレックスタイム」を試験的に開始。始業・終業時間を社員が自由に選べるようにした。一般的なフレックス制度では「コアタイム」と呼ばれる必須の勤務時間帯を設けることが多いが、同社ではそれがない。現在は一部の導入にとどまっているが、18年9月以降をめどにグループ全社員に当たる約4000人に対象を広げる予定だ。

   「テレワーク」では、ノートパソコンとスマートフォンを全社員に貸与し、自宅や外出先でも業務に携われる環境を整えた。職場内では社員の座席は決まっていないため、オフィス内のカフェやラウンジで仕事をすることも可能だ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中