2018年 10月 24日 (水)

速水もこみちに続け、世の「料理男子」 独身者よりも既婚男性がキッチンに立つ理由

印刷

   「MOCO'Sキッチン」(日本テレビ)に出演する速水もこみちさんや、「男子ごはん」(テレビ東京)の国分太一さんと、芸能界ではこうした「料理男子」がみられる。では、一般にはどのくらいいるのだろうか。

   男性向けインターネット料理サイト「オリーブオイルをひとまわし」を運営する「ディライトクリエイション」が行った調査では、男性の約8割が週1回以上料理をしており、未婚男性に比べて既婚男性の方が料理をする割合が高いという結果が出た。

  • 男性のみなさん、料理しますか?
    男性のみなさん、料理しますか?
  • 男性の約8割は週1で料理する
    男性の約8割は週1で料理する
  • 未婚男性より、既婚男性の方が料理する
    未婚男性より、既婚男性の方が料理する
  • 料理する時間帯は「休日夜」が最も多い
    料理する時間帯は「休日夜」が最も多い

時間帯は「休日夜」が最も多い

   調査は2018年7月20日~7月30日の期間、全国の男女1178人を対象にインターネットにて実施された。

   男性に「普段の料理をする頻度」を尋ねると、78%が週1回以上、その中の35%が週7回以上料理をすると回答した。年代別にみると、30代、40代、50代、60代以上のいずれにおいても、8割以上の男性が週1回以上料理をしている。「料理男子」の流行や女性の社会進出により、男性が料理をすることはすでに一般的になっていることが分かると、調査結果に書かれている。

   未婚の男性、既婚で子どものいない男性と子どものいる男性のそれぞれに、料理をするか聞いたところ、未婚の男性は76%、既婚で子どもがいない男性は80%、子どもがいる男性は85%が料理をすると回答した。

   「主に料理をする時間帯」では、「休日夜」が未婚男性は31%、既婚で子どものいない男性は28%、子どものいる男性は34%と、それぞれ最も多かった。次いで多いのは、未婚男性の28%、既婚で子どものいない男性の24%が「平日夜」、子どものいる男性は28%が「休日昼」だった。

   発表資料によれば、未婚の男性は、住まいが単身や親と同居の人が多く、料理をする機会が少ないために料理の習慣がつきにくいという。一方、既婚男性は、パートナーや子どものため、もしくは一緒に料理をすることが多く、料理が家族のコミュニケーションの手段となっていると考えられるとのことだ。

男性の方が料理上手なパターンも 「私は皿洗いをしています」

   女性向けウェブ掲示板「ガールズちゃんねる」では、2018年8月8日、「彼氏・旦那さんが料理上手で自分はできないという方いますか?」というトピックスが立てられた。「旦那は料理上手です。私は全くできません」という投稿者に対し、料理を苦手とする女性たちからは共感の声が寄せられた。

「出来ない事はないけど料理嫌い。旦那はある物でパパッと調理できる。私が時間かけて作るおかずより旦那が短時間で適当に作ったおかずの方が美味しい」
「平日は頑張って作ってる。土日は作ってもらったり。一緒に作って勉強したり」
「彼氏が料理上手で作ってくれます。私は皿洗いをしています。慣れたらできるようになるって言われますが苦手です」
「うちも旦那が料理担当ですよ!私は暇な時は横でサラダやお味噌汁など簡単なものを作ってます」

   なお、このトピックスに対しては「簡単な料理から始めてみては」といったアドバイスや、「ご飯の作り方は主人に教えてもらいました」という体験談も多く寄せられた。男女問わず、料理が苦手な人はパートナーに教えてもらうのも良いかもしれない。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中