2019年 7月 21日 (日)

与沢翼氏激ヤセで「やっと普通の人間に」 2か月で20キロ減量、その極意

印刷
日本最大級の動画配信サービス【U-NEXT】まずは31日間無料お試し

   「秒速で1億円稼ぐ男」として話題を集めた実業家・与沢翼氏(35)が激変した、とSNS上で話題となっている。

   与沢氏は2018年6月13日にツイッターでダイエットをすると報告。紆余曲折ありながらも、2か月で20キロの減量に成功した。

  • 与沢氏の公式ツイッターから
    与沢氏の公式ツイッターから

「ダイエットはやるか、やられるか」次々飛び出す"与沢語録"

   与沢氏は現在、東南アジアを生活の拠点にして、不動産や株式、仮想通貨などの投資事業を行なっている。

   与沢氏がダイエットを決意したのは「保険料」だという。健康的な体型であればあるほど掛け金が安くなり、「つまり金のため。私は金がかかれば何でもできます」(与沢氏のツイッターより)

   ただし、過去には2度ダイエットに失敗しており、「私にとって減量とは10億円を稼ぐよりも困難なことです」ともツイッターで告白している。6月13日時点の体重は89キロだった。

   それから2か月間、与沢氏のツイッターはダイエットの成果報告をする場に変貌を遂げる。水泳や筋トレ、サウナ、断食、自転車、酵素風呂とストイックに減量する姿が伝えられ、ツイッターユーザーとダイエット論をめぐり議論したり、アドバイスに耳を傾けたりするなど、試行錯誤しつつ地道に体重を落としていく。

   ダイエット中は、

「ダイエットはやるか、やられるかの勝負。途中や間は一切認められない。最後まで絞り切ってとれるもんがなくなるまでやりきる。0か1の世界。成功か失敗しかない」
「根性がないってのは男として最悪だ。逃げる、辞める、泣きいれる。絶対ダメ。今回の肉体改造は、己の根性を入れ直すためである。規律的に生活し、己を完全に支配する」
「デブが健康を掴んだら、もともと健康だった奴よりはるかに強くなるっすよ。ハンディ負ってた人間が鍛えてくると、とんでもない傑物になりまっせ」

と、さまざまな"与沢語録"も飛び出した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中