2018年 11月 16日 (金)

気温15度未満なら「かき氷無料」 「夏だけ」イメージ崩す専門店の仕掛け

印刷

   夏以外にもかき氷を食べてほしい――。2018年8月15日に東京・赤坂でオープンした、かき氷専門店「和Cafe & Bar かき氷ラウンジ赤坂」が、「かき氷1年間1日1食無料パスポート」の販売を開始した。

   かき氷の消費拡大を目指し、気温が15度未満の日は1杯無料にする。

  • カクテルかき氷「パナマ」(CAMPFIREより)
    カクテルかき氷「パナマ」(CAMPFIREより)

凍らせたフルーツやお酒使ったメニューも

   「和Cafe & Bar~」のかき氷は、不純物を取り除いた水をマイナス10度で48時間凍らせた「純氷」を使用し、ふわふわとした食感が特徴だ。

   メニューは、凍らせたフルーツを削って載せた「果実削り」や、お酒をふんだんにかけた「カクテルかき氷」など、斬新さが光るかき氷が多い。

   8月15日から売り出した「かき氷1年間1日1食無料パスポート」は、店頭に設置した温度計が15度を下回った日のみ、一部メニューが1品無料で食べられるというもの。

   販売サイトでは、狙いについて「かき氷と言えば夏のもの、というイメージ。それを崩し、かき氷の持つ可能性を広げたい」と説明している。

   パスポートは、クラウドファンディングサイト「CAMPFIRE」で販売中。8月15日夕現在で1万円から購入できる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中