2018年 9月 25日 (火)

VRアイドル「えのぐ」ライブを記者が体験 「本当に目の前にいるみたい」観客大興奮

印刷

   仮想現実(VR)を活動の場とするVRアイドルユニット「えのぐ」の初の本格ライブ「岩本町劇場プレオープン記念ライブ~このえのぐセットやばい~」が2018年8月10日に行われ、J-CASTニュースはその模様を取材した。

   「えのぐ」のメンバーは5人で、VRタレントのマネージメントを手がける「岩本町芸能社」に所属している。ライブ会場の「岩本町劇場」(東京都渋谷区)は、世界初のVRタレント専用劇場だ。

  • VRライブの視点はこれに近い
    VRライブの視点はこれに近い
  • HMDとヘッドホンを装着する
    HMDとヘッドホンを装着する
  • 周りを見渡すとこんな感じだ
    周りを見渡すとこんな感じだ
  • 現実はこうなる
    現実はこうなる
  • 秋葉原でのライブビューイングの様子
    秋葉原でのライブビューイングの様子
  • サイリウムを推しメンのカラーにして応援
    サイリウムを推しメンのカラーにして応援
  • 向かって左が鈴木あんず、右が白藤環(2018年8月10日撮影)
    向かって左が鈴木あんず、右が白藤環(2018年8月10日撮影)
  • メンバーからお土産(アイマスク)をいただいた(2018年8月10日撮影)
    メンバーからお土産(アイマスク)をいただいた(2018年8月10日撮影)

サイリウムを持ったVR観客で埋め尽くされていた

   VRライブでは、来場客はヘッドマウントディスプレー(HMD)とヘッドホンを装着し、色が変えられるサイリウム(現実では色の部分は見えない)を振って観賞する。HMDを調節すると、ステージの位置を自分の正面に向けられる。

   ライブには抽選で選ばれた5人の一般客が来ていた。運営側から、ライブ中は「立ち上がらないように」との事前注意を受けたが、そのほかは通常のライブのように「サイリウムを振ったり、大きな声で応援してもらって構いません」とのことだった。HMDを着けた状態であたりを見渡すと、現実にあるものは一切見えず、サイリウムを持ったVR観客で埋め尽くされていた。

   ライブは2部構成。1部の様子は動画配信サイト・ユーチューブ(YouTube)でリアルタイム配信しており、視聴者からは「すげええええええええ」「なんか泣けてきた...」「心臓消えた」といった、声が続々と寄せられていた。2部はライブ会場でしか見られない特別ステージで、オリジナル曲だけでなく「めざせポケモンマスター」や、歌手・奥華子さんの曲「ガーネット」を披露し、会場からは時折歓声が上がっていた。

   「えのぐ」のメンバーは、話し方や踊りにクセがあったり、振りつけを間違えたりと、本当にアイドルが目の前にいるようだった。途中トラブルのため曲を中断してしまっても、「もうすぐだから、待っててね!」と観客に呼び掛け、曲の短縮版を歌い直すなど、臨機応変に対応した。

   約1時間でライブは終了。観客らは「えのぐ」メンバーの立ちパネルと写真撮影を楽しんでいた。「えのぐ」のオリジナルTシャツを着用して参加していた男性に、ライブの感想を尋ねると、

「『えのぐ』のことは2、3か月前に知りました。VRなのに、本当に目の前にいるみたいでした」

と答えてくれた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中