2018年 11月 22日 (木)

6歳の天才ドラマー、その名は「とらたろう君」 あの「よよかちゃん」のライバルに?!

印刷

   海外メディアに紹介されるほどの腕前で知られる女子ドラマー・よよかちゃん(8)に、ライバル出現の予感だ。

   2018年8月11日、ツイッターで公開されたのは、小さな体で勢いよくドラムを叩く、とらたろう君(6)の姿だ。動画は8月17日の時点で300万回以上再生され、話題を呼んでいる。J-CASTトレンドは17日、とらたろう君の父親に取材した。

  • 6歳のドラマー・とらたろう君(本人ウェブサイトより)
    6歳のドラマー・とらたろう君(本人ウェブサイトより)

「ゆーちゅーぶの しゅうえき ぜんぶを きふします」

   とらたろう君は現在、広島市内の幼稚園に通っている。11日に投稿された動画は、とらたろう君をテレビで見たという香川県小豆島の保育園でからオファーが届き、そこで撮影されたものだ。保育園では、「名探偵コナン」のテーマ曲「キミがいれば」や、「ちびまる子ちゃん」の「おどるポンポコリン」などを披露した。

   曲のレパートリーも豊富だ。子ども向けの曲に限らず、X JAPANの「紅」や、ピンクレディーの「UFO」まで、幅広く演奏する。本人のウェブサイトでは、2018年5月時点のレパートリーは81曲となっているが、取材時点では「100曲は間違いなくあります」と父親が答えた。最近は公演のオファーが多く、リクエストもあって正確には数えきれないようだ。ちなみに、最近のとらたろう君のお気に入りは、メタル風にアレンジした「アンパンマンのマーチ」だという。

   また、とらたろう君は、地元・広島を含む地域で7月に発生した西日本豪雨の復興支援を呼びかけている。7月18日、本人のツイッター「6歳ドラマー『とらたろう』」には、「ゆーちゅーぶの しゅうえき ぜんぶを きふします」のコメントとともに演奏動画が投稿され、義援金を集めるためにクラウドファンディングを開始している。その後も、チャリティーコンサートを行っている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「就活応援」トークライブ北条かや×石渡嶺司の「会社に騙されないシューカツ」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中