2018年 9月 20日 (木)

5試合で749球、金足農・吉田は大丈夫か 元横浜・古木克明「肘肩がぶっ壊れるぞ」

印刷

   プロ野球・横浜ベイスターズ(現DeNA)でかつてプレーした古木克明さんが、金足農・吉田輝星投手の「怪我」を心配している。

   古木さんは2018年8月20日、ツイッターで「こんなハイペースで投げて肘肩がぶっ壊れるぞ。甲子園なんて見てらんないわ」と警鐘を鳴らした。

  • WikimediaCommonsより
    WikimediaCommonsより

桑田氏も「多投文化」に苦言

   第100回全国高校野球選手権大会で決勝に駒を進めた金足農。吉田投手は大車輪の活躍で、全ての試合で登板、完投している。準決勝までの合計球数は5試合で749球におよぶ。

   古木さんは、ツイッターで「金足農業決勝進出かぁ。そして、すごい話題になってますねぇ。青春って怖いなぁ」として、吉田投手に言及。

「エースの子、可愛そうだな。素晴らしい投手なのに。今すぐにプロでも通用しそうなのに。こんなハイペースで投げて肘肩がぶっ壊れるぞ。甲子園なんて見てらんないわ」

と嘆いている。

   高校野球の「多投文化」をめぐっては、「球数制限を設けるべき」「二番手以降の投手を育成しきれてない監督の責任」などと、たびたび議論となる。

   元・巨人の桑田真澄さんは著書『スポーツの品格』(集英社)の中で、

「プロの最高レベルの選手が出場するWBC(ワールド・ベースボール・クラシック)で、ピッチャーの球数や登板間隔の制限があるわけですよ。(中略)それなのに、身体的にも精神的にも未熟な高校生のピッチャーに対しては、何もルールがない。こんなおかしな話はないでしょう」

と現行のルールを疑問視している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 【9月20日開催】人事・労務担当者必聴セミナー 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中