2018年 11月 15日 (木)

東京五輪公式ぬいぐるみ、なんと14万円 飛びぬけて高額になったワケを探る

印刷

   2020年東京オリンピック・パラリンピックの、とある公式ライセンス商品がインターネット上で注目を集めている。

   マスコットキャラクター「ミライトワ」「ソメイティ」をぬいぐるみにした商品で、価格は「14万円」する。なぜ、それほど高額なのか。

  • 東京五輪通販サイトから
    東京五輪通販サイトから

グッズの中心価格帯は数百円~数千円

   大会組織委員会は16年6月から、公式ライセンス商品を店舗や通販で発売している。商品は衣類や雑貨、文具と幅広く、中心価格帯は数百円~数千円だ。比較的値段が高い商品だと、通販サイトでは浴衣(3万2400円、以下税込)や銀製ピンバッジ(1万2960円)、有田焼の皿(9450円)が見つかる。

   ネット上で話題となっているのは、「ミライトワ」「ソメイティ」の巨大ぬいぐるみだ。価格はそれぞれ14万400円と、ほかと比べて破格。サイズは全長130センチ、重さ6キロと大型だ。

   「14万?!」「ゼロ一個多いな」「ぼったくりやろこれ!」と驚きの声が上がっているが、それなりのコストがかかっているようだ。

1体1体手作業で制作

   商品ページには「1体1体、手作業にてお作りしております為、表情などに個体差がございます」とある。そのため受注生産となり、8月20日現在の注文で11月下旬以降の発送になる。

   ネット上では、高額な点に否定的な声が多いが、

「このぬいぐるみ、いいなって思った」
「受注生産の公式グッズだし、しっかり保管しておけば将来的にプレミアで値段つくかもよ」

と、購入に意欲的な向きもあった。

   組織委は、グッズ売り上げによるライセンス収入を140億円と見積もっている。ロイヤルティー(手数料)は5~7%なので、2000億円以上の売り上げが必要だ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中