2018年 9月 23日 (日)

「私も試行錯誤しております」 LINEも悩む「プロフ画面刷新」で賛否

印刷

   「見やすくなった!」「お願いします 戻して下さい」――。無料通信アプリ「LINE(ライン)」が2018年8月20日にアップデートされ、プロフィール画面の仕様が変更された。

   スマートフォン(スマホ)での見やすさを意識した変更となったものの、SNS上ではさまざまな声があがっている。

  • 変更前(左)、変更後(LINE公式ブログより)
    変更前(左)、変更後(LINE公式ブログより)
  • 仕様変更後の活用例(LINE公式ブログより)
    仕様変更後の活用例(LINE公式ブログより)

900件以上の反応、「ユーザーの意見を尊重して」とも

   LINEのプロフィール画面は、自身の顔写真などを設定できるメイン画像と、背景画像からなる。

   今回のアップデートでは、これまで縦型表示だった背景画像が「横型」になり、表示サイズも720×1280ピクセル程度に拡大した。LINEの発表資料によれば、スマホでの見やすさを追求したという。

   変更としては大規模ではないが、SNSでは賛否両論が起こっている。LINEのツイッター公式アカウントには、アップデートに関して900件以上(21日現在)の返信が寄せられ、

「こんなの誰も望んでない」
「戻して欲しいって意見多いように思います...ユーザーの意見を尊重してください」
「慣れればいいと思います」

と評価が分かれている。

ホーム画面に合わせて画像を作ったのに...

   否定意見が出てしまったのはなぜか。

   LINEのプロフィール画像に対してはこだわりを持つユーザーが多く、プロフィール向けに写真を撮影したり、写真アプリで加工したりすることが珍しくない。

   LINEの発表資料によれば、プロフィール画面は「自身の個性や気分、近況を示す自己表現の場としても機能」しており、特に若年層で顕著だという。

   そのため仕様変更で、

「せっかく、ホーム画面にサイズ合わせて画像つくったのに」
「ホーム画面の写真が横長だと写りきらないです、、、、、」

と、これまで使用していた画像が最適でなくなった人もいた。

   LINE公式ツイッターも「私も試行錯誤しております。。。 (アイコンと背景をうまく組み合わせた例など、ナイスなアイディアございましたら是非教えてください 切実にお願いします......)」とつぶやいており、慣れるには時間がかかりそうだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中