2020年 9月 21日 (月)

アジア大会「史上初金」報道して! フェンシング太田会長、メディアに呼びかけ

お金のプロだけが知っている、保険を使った賢い貯蓄方法!

   日本フェンシング協会会長の太田雄貴氏が「もっとフェンシングを取り上げてほしい」との思いを、ツイッターでメディアに呼びかけている。

   ジャカルタで開催中のアジア大会で、フェンシングの男子エペ団体と女子フルーレ団体は史上初の金メダルという快挙を達成している。

  • 24日朝刊でのフェンシングの扱いは…
    24日朝刊でのフェンシングの扱いは…
  • 24日朝刊でのフェンシングの扱いは…

「カラー写真がどこの新聞社さんも無かったら...」

   太田氏は2008年の北京五輪・フルーレ個人で銀メダルを獲得した。これは日本フェンジング界初の快挙だった。続く2012年のロンドン五輪では、フルーレ団体で銀メダルを獲得している。2016年のリオ五輪で、フルーレ個人の1回戦敗退をしたことを受け、試合後に引退を表明した。2017年8月、日本フェンシング協会会長に就任し、競技の発展に力を注いでいる。

   7月に中国で開催された世界選手権では日本フェンシングはメダル0という不振に終わったが、8月19日~24日まで開催しているアジア大会では団体種目2つで金メダル獲得と好調だ(23日終了時点)。

   だが、日本では競技人口が少ない、いわば「マイナー」スポーツといえる競技のため、メディアでの扱いはそう大きくはない。アジア大会はTBS系で中継されているが、競泳がメインだ。

   フェンシング普及の思いが強い太田氏は、8月22日~23日にかけて、ツイッターでメディアへこんな呼びかけをしている。

「(男子団体優勝は)すごい快挙なんだけどなぁ。帰国したら、ひるおび!とかに選手呼んでくれないかなぁ」
「(女子団体)優勝!!!今日こそは、メディアの皆様よろしくお願いします!!!!」
「やっぱり、帰国したら、ひるおび!に選手達を呼んでほしい」
「これで、明日も、朝刊で紙面でカラー写真がどこの新聞社さんも無かったら、結構悲しくなる」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!