2018年 9月 25日 (火)

エバラから白菜キムチ「カラインダ」...辛さ3倍、本場の濃厚な旨み

印刷

   エバラ食品工業は白菜キムチ「カラインダ」を2018年8月29日に発売する。

   キムチの本場である韓国の製法を採用。同社の「本技 おいしいキムチ」の3倍の辛さに仕上げている。ニンニク、唐辛子、長ネギなどを使用した野菜ベースの合わせ調味料(ヤンニョム)に、イワシや昆布、エビのうまみをプラス。後引く辛さだけでなく、濃厚なうまみも楽しめる。普段食べているキムチでは物足りない人や、辛いキムチで自分を奮い立たせたい人におすすめだ。

   燃える炎を瞳に宿したキャラクターをパッケージにあしらうことで、刺激的な辛さを表現したという。

   内容量は200グラム、小売参考価格は348円(税抜)。

  • 燃える瞳で辛さを表現
    燃える瞳で辛さを表現
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中