2018年 9月 20日 (木)

仮面女子・猪狩ともかが活動再開 本音も吐露「リハビリも正直大変です」

印刷

   アイドルグループ「仮面女子」の猪狩ともかさん(26)が2018年8月27日、自身のブログを更新し、26日に出演した「仮面女子カフェ」(東京都千代田区)でのライブを振り返った。

   猪狩さんは18年4月、強風で倒れた看板の下敷きになり脊髄を損傷した。両下肢に麻痺が残り、それ以来、車いす生活を送っているが、26日のライブ出演で約4か月半ぶりにアイドル活動を再開した。

  • 26日に活動再開した猪狩ともかさん(猪狩さんのブログより)
    26日に活動再開した猪狩ともかさん(猪狩さんのブログより)
  • 仮面女子のメンバーに囲まれる猪狩ともかさん(猪狩さんのブログより)
    仮面女子のメンバーに囲まれる猪狩ともかさん(猪狩さんのブログより)

「なんでこんな想いしなきゃいけないの」

   猪狩さんは自身のブログで、「ずっとずっと夢見ていた日。昨日、あっという間すぎる、一瞬だけど幸せがいっぱい詰まった時間が終わりました」と興奮冷めやらぬ様子で、前日のライブを振り返った。

   しかしその一方で、「復帰イコール退院と思われているかもしれませんが、実は私はまだ入院しています」と綴っている。体調を崩したことでリハビリが遅れ、退院の時期が伸びているのだという。

   ブログでは「だれにでも起こる可能性がある事故で私の足は動かなくなってしまいました」としたうえで、

「『なんで私が?』、『なんでこんな想いしなきゃいけないの?』って思ってしまったこともあります」
「リハビリも正直大変です」

と、心情を吐露した。

今後も精力的に活動 「応援ソング」を自ら作詞

   猪狩さんは26日のライブで、パラスポーツへの挑戦を宣言した。競技は未定だという。また9月9日にはプロ野球の西武対ロッテ戦の始球式に登場する予定で、「ライオンズカップ車椅子ソフトボール」のスペシャルナビゲーターに就任することが決定している。

   今後も精力的に活動を続けていく猪狩さんだが、活動の一つとして、仮面女子の楽曲で作詞を手がけることを発表している。ブログでは、

「誰にでも起きる可能性がある事故で急に人生が変わってしまった私が、前を向いて生きて夢を叶えていく。同じような環境の人たちは勿論、何かに悩んで下を向いてしまったときに聞いたら元気が出る、そんな応援ソングになればいいなと思って作詞したいと思います」

と、意気込みを述べている。

   楽曲の発売は年末を予定している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 【9月20日開催】人事・労務担当者必聴セミナー 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中