2019年 12月 7日 (土)

TUBE、30回目の「ハマスタ」ライブ
どれも夏。全編が「夏と海」

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

完璧に夏に特化した選曲

   そして、何よりも曲がある――。

   一曲目の「夏だね」から予定外のアンコール曲「ゆずれない夏」まで28曲。どれも夏だ。全編が夏と海。これだけ完璧に夏に特化した選曲は彼らにしか出来ないだろう。

   それでいて歌われている夏は客席の年齢層そのままにいくつもの表情を見せていた。

   夏休みを迎える前のときめきを歌った「夏だね」や「Let's go to the sea」の誰もが思い当たる夏の恋の期待、そして水平線そのもののようにのびやかな「Beach Time」。「一回目のオープニングの曲、覚えてる?俺は忘れてたけど」という前振りでの「夕方チャンス到来」、そして、85年のデビュー曲「シーズン・イン・ザ・サン」。あいさつ代わりのような初期の曲は2008年の「オラシオン~君に恋した夏~」から去年の「My sunny day」と続いてゆく。

   33年のキャリアを遡るようであり、その中で少しずつ変わってゆく「夏と海」の物語。センターステージに移ってからは、更にそんな曲が用意されていた。

   TUBEの中での「夏と海」が変わってきたと印象深かったのは2009年のアルバム「Blue Splash」だった。大人になってから思う「夏と海」。シングルになった「SUMMER GREETING」は、普段は会う事もなくなってしまった友人から届いたカードが題材だった。海の写真に添えた「元気かい」という一言が思い起こさせる遠い波の音や潮の匂いと青春の日々。TUBE自身がそういう年齢に差し掛かり、彼らが作り出す音楽がそういう役割を果たすようになったように思えた。

   前田亘輝、春畑道哉、角野秀行、松本玲二がセンターステージに並んでいる。エレキの代わりにアコースティックギター、ドラムの代わりにアメリカのジャグバンドが使うウォッシュボード。「SUMMER GREETING」に始まり、「その辺、酒臭いぞ」と最前列の客席を冷やかしながら歌われるバラードコーナー。仕事も始め、都会暮らしに慣れてしまった。あの日々は戻らないと知ってしまったからこそ分かる夏の愛おしさ。今年の新曲「潮風の中で」や2015年の「海のバラード」。心の中を海風が吹き抜けてゆくようなメロディーは若い頃には書けなかっただろう。

   そんなしみじみしたコーナーの締めくくりが、自分たちの音楽を季節を越えて人生を照らす光に託した「灯台」だった。

タケ×モリ プロフィール

タケは田家秀樹(たけ・ひでき)。音楽評論家、ノンフィクション作家。「ステージを観てないアーティストの評論はしない」を原則とし、40年以上、J-POPシーンを取材し続けている。69年、タウン誌のはしり「新宿プレイマップ」(新都心新宿PR委員会)創刊に参画。「セイ!ヤング」(文化放送)などの音楽番組、若者番組の放送作家、若者雑誌編集長を経て現職。著書に「読むJ-POP・1945~2004」(朝日文庫)などアーテイスト関連、音楽史など多数。「FM NACK5」「FM COCOLO」「TOKYO FM」などで音楽番組パーソナリテイ。放送作家としては「イムジン河2001」(NACK5)で民間放送連盟賞最優秀賞受賞、受賞作多数。ホームページは、http://takehideki.jimdo.com
モリは友人で同じくJ-POPに詳しい。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!