2020年 9月 19日 (土)

華麗なるイタリアン・バロックのヴァイオリン協奏曲 ヴィヴァルディ「海の嵐」

あのやずやの『にんにくしじみ』が半額に!?

   今年2018年は太平洋での台風発生件数が多く、日本列島にもいつもより多くの台風がやってきます。猛暑とともに、台風の多かった1年として記憶されることになりそうです。

   今週取り上げる曲は、その名も「海の嵐」という愛称がつけられた曲です。激しく恐ろしい様子がうかがえますが、実際の曲は、華麗なるイタリアン・バロックを感じることができるヴァイオリン協奏曲です。

  • 少し微笑んでいるように見えるヴィヴァルディ、「海の嵐」も快活な曲だ
    少し微笑んでいるように見えるヴィヴァルディ、「海の嵐」も快活な曲だ
  • 少し微笑んでいるように見えるヴィヴァルディ、「海の嵐」も快活な曲だ

音楽の需要が旺盛だったヴェネツィア

   作曲したのは、ヴェネツィアに生まれ、ヴェネツィアで活躍したアントニオ・ヴィヴァルディです。司祭として、ヴァイオリン奏者として、教育者として働きながら、オペラ、宗教音楽、器楽曲、とたくさんの作品を残しました。器楽曲の中でも有名なものが「協奏曲」と言われるスタイルのもので、ヴァイオリンやフルートなど・・・当時はまだピアノが発明されて間もなく、「一人前」の楽器ではなかったためピアノは残念ながらありません・・・の独奏楽器を弦楽中心のアンサンブルが華麗に伴奏するイタリアン・バロックに特徴的な形式の曲を大変たくさん残しました。これは、北イタリアのヴェネツィアはクレモナなど弦楽器の生産地に近い環境にあり、かつ財力があり繁栄していたヴェネツィアでは、音楽の需要が旺盛だったこと、などの理由が挙げられるでしょう。

   町全体が「海の上」で、交易で生きていくしかなかったヴェネツィアの人々にとって、何より海は生命線であり、パートナーでした。しかし、時にアドリア海は厳しい表情を見せ、高潮でヴェネツィア全体が冠水したり、嵐のような天候で、重要な交易船の航行がままならない、ということもしばしばありました。

本田聖嗣プロフィール

私立麻布中学・高校卒業後、東京藝術大学器楽科ピアノ専攻を卒業。在学中にパリ国立高等音楽院ピアノ科に合格、ピアノ科・室内楽科の両方でピルミ エ・ プリを受賞して卒業し、フランス高等音楽家資格を取得。仏・伊などの数々の国際ピアノコンクールにおいて幾多の賞を受賞し、フランス及び東京を中心にソ ロ・室内楽の両面で活動を開始する。オクタヴィアレコードより発売した2枚目CDは「レコード芸術」誌にて準特選盤を獲得。演奏活動以外でも、ドラ マ・映画などの音楽の作曲・演奏を担当したり、NHK-FM「リサイタル・ノヴァ」や、インターネットクラシックラジオ「OTTAVA」のプレゼンターを 務めるほか、テレビにも多数出演している。日本演奏連盟会員。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!