2018年 11月 16日 (金)

千秋「ダメ男にハマった女性のようだ」 阪神タイガースへの恋心が切なすぎ

印刷

   プロ野球・阪神タイガースが2018年シーズン、うまく波に乗れていない。昨シーズンはセ・リーグ2位で、貯金17と好成績を収めたが、今シーズンは借金生活が続いている。

   熱狂的な阪神ファンとして知られる、タレントの千秋さんはチームの弱さにため息をつきながらも、「たまに優しいから(優勝するから)忘れられない」と忍耐強く応援している。

  • 千秋さんは阪神タイガースを「絶対嫌いになれない」と応援し続けている
    千秋さんは阪神タイガースを「絶対嫌いになれない」と応援し続けている

「弱いけど絶対嫌いになんかならない、なれない」

   阪神は、夏の高校野球の影響で7月26日を最後にロードに出ていたが、8月28日にホームの甲子園球場に帰ってきた。だが、東京ヤクルトスワローズに28日、29日と連敗した。29日試合終了時点で、50勝58敗1分(借金8)と苦しんでいる。

   首位の広島東洋カープ(マジック20)とは15.5ゲーム差と優勝は絶望的で、クライマックス(CS)シリーズに参加できるAクラス入りを目指すのが現実的だ。3位の読売ジャイアンツとは2ゲーム差、まだまだわからない。

   ヤクルトに2連敗した29日夜、千秋さんは阪神への思いを恋愛にたとえて、こんなツイートを投稿した。

「阪神弱いけど絶対嫌いになんかならない、なれない。はあーーー 実質、ダメ男にハマった女性のようだ、しかも生涯。たまに優しいから(優勝するから)忘れられない。忍耐だ。鍛えられる」

   阪神が最後に優勝したのは2005年だが、それでも応援する気持ちが揺らぐことはない。投稿のリプライ(返信)欄では、「気持ちを切らさず戦いましょ!やっぱ好きやねん虎!」「私もそうです!」などと虎党の共感を呼んでいる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中