2018年 9月 22日 (土)

2チューナー搭載で裏番組録画、ゲーム向けモードも 東芝液晶テレビ

印刷

   東芝映像ソリューションは、液晶テレビ「ハイビジョン液晶レグザ S22シリーズ」3モデルを2018年9月上旬から順次発売する。

  • 高画質かつシンプルな小型モデル
    高画質かつシンプルな小型モデル

美しい映像と快適操作を両立

   地上/BS/110度CSチューナーを各2基搭載し、別売りのUSBハードディスクを接続すれば裏番組の録画ができる「2チューナーウラ録」に対応。

   映像処理エンジン「レグザエンジンファイン」の内蔵により、映像の残像を低減して階調・質感や色彩表現に富んだ映像処理を実現したほか、番組表の高速起動など、快適なテレビ視聴や操作が可能だという。

   ゲーム操作時の映像の遅れを抑え、アクションゲームなどボタンを押すタイミングが重要なゲームを快適にプレイできる「ゲームダイレクト」を搭載。

   「レグザブルーレイ」「レグザタイムシフトマシン」など同社製レコーダーの電源オン/オフやオーディオ機器の音量調整などがリモコンで操作できる「レグザリンク・コントローラ」に対応する。

   ラインアップは19V型「19S22」、24V型「24S22」(9月下旬発売)、32V型「32S22」(同)の3モデル。

   いずれも価格はオープン。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中