2018年 9月 26日 (水)

たばこに口臭、汗がくさい! 「職場のスメハラ」不快だけど指摘できない

印刷

   職場の「スメハラ」(スメルハラスメント)問題が深刻になっているかもしれない。

   たばこメーカー「インペリアル・タバコ・ジャパン」(本社・東京)の調査データから、7割以上の男女が職場の上司や先輩の「におい」に不快な思いをしている一方で、その9割が「指摘できない」と回答していることがわかった。

  • 職場の「スメハラ」大丈夫?
    職場の「スメハラ」大丈夫?
  • 上司・先輩の「におい」に対して不快に感じた経験はあるか
    上司・先輩の「におい」に対して不快に感じた経験はあるか
  • 上司・先輩の「におい」が不快なときに指摘や注意をできるか
    上司・先輩の「におい」が不快なときに指摘や注意をできるか
  • 恋人/上司・先輩/同僚/部下・後輩の「におい」で不快に感じた経験があるものは何か
    恋人/上司・先輩/同僚/部下・後輩の「におい」で不快に感じた経験があるものは何か
  • においへの職場としての具体的な取り組み
    においへの職場としての具体的な取り組み

「ワースト3」に続くのは「体臭」

   同社は2018年7月27日~31日まで、インターネットを通して、20代~40代の独身の働く男女600人に「におい」に関するアンケート調査を実施した。その結果を8月31日に発表した。

   男性300人、女性300人に職場において、上司・先輩のにおいに対して不快に感じた経験があるかを聞くと、男性は71.3%、女性は84.0%が「ある」と回答した。一方で、そのにおいについて指摘や注意ができるかを聞くと、男性は89.3%、女性は95.7%が「できない」と答えた。

   では、その「におい」の原因は何か。

   男女600人に「会社の上司・先輩の『におい』で不快に感じた経験があるもの」(複数回答可)を聞くと、「たばこ」(54.5%)、「口臭」(52.5%)、「汗」(51.3%)、「体臭」(46.2%)という回答が多かった。

対策は「消臭スプレー・空気清浄機の設置」「換気」

   スメハラ問題への対策に動いている会社はどのぐらいあるだろう。

   化粧品メーカー「マンダム」(本社・大阪)が2017年5月に発表した調査結果によると、「職場としてにおい対策への取り組みがある」(107人)と回答したのは、調査に回答したうちの約1割にとどまった。調査は東京・大阪で働く25~49歳の男女1028人(男性525人、女性503人)に実施された。

   「取り組みがある」と答えた107人にその内容を聞いたところ、「消臭スプレー等の社内設置」(46.7%)、「空気清浄機の設置」(45.8%)、「換気」(36.4%)という回答が多かった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中