2018年 11月 22日 (木)

缶コーヒーのヘビーユーザー向けに開発 「ボス」のこだわりを凝縮

印刷

   サントリー食品インターナショナルは、「ボス THE CANCOFFEE(ザ・カンコーヒー)」を、2018年9月4日に発売。

  • バランスのとれた味わいで癒しのひと時
    バランスのとれた味わいで癒しのひと時

「香り封じ込め製法」

   コンビニエンスストアのカウンターコーヒーやペットボトルコーヒーの登場など、多様化するコーヒー市場において、"あえて"185グラム缶コーヒーを愛飲しているヘビーユーザーに向けて開発した。高機能焙煎機で焼き上げた豆を使用するなど、同ブランドのこだわりを尽くした「至福の一服」を提供するとしている。

   焙煎工程で豆の豊かな香りを引き出し、リッチな香りを実現。クリーンな味わいに焼き上げることで、甘い余韻がありながら後残りする雑味を低減した。また、コーヒー豆から抽出したコーヒーオイルを使うことでコクを強化。「香り封じ込め製法」により、香りの飛散を抑え、より香り高い味わいになるよう仕上げている。さらに、熱によるミルクの劣化を抑制することで、コーヒーとミルクのフレッシュな味わいを叶えた。

   希望小売価格は115円(税別)。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「就活応援」トークライブ北条かや×石渡嶺司の「会社に騙されないシューカツ」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中