2019年 1月 23日 (水)

30年以上愛される「大坂屋長兵衛大吟醸」 フレッシュなボトル缶誕生

印刷

   日本酒等を製造・販売する大関(兵庫県西宮市)は、「大坂屋長兵衛」シリーズから「超特撰 大坂屋長兵衛大吟醸180mlボトル缶」を、2018年9月上旬に発売する。

  • キャップ部分がコップとなる
    キャップ部分がコップとなる

バーベキューや旅行にも

   1986年の発売以来、30年以上愛され続けているというシリーズから、ボトル缶タイプが登場。丈夫で軽い、割れないアルミ素材を採用しているため、バーベキューや旅行などのアウトドアシーンにもぴったりだ。また、広口グラス型のプラスチックコップが付属しているので、コップの準備も不要。飲みたいと思ったときに、手軽に楽しめる。

   内容量180ミリリットル。参考小売価格は457円(税別)。

   正徳元年(1711年)に創業した初代当主の名を冠する「大坂屋長兵衛」は、フルーティーな香りと淡麗辛口の品格ある味わいが特長の大吟醸酒。2013年から6年連続でモンドセレクション金賞を受賞している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中