2018年 9月 24日 (月)

サンドウィッチマン伊達の珍理論が歌に 「どれだけ食べてもゼロカロリー」と熱唱

印刷

   お笑いコンビ「サンドウィッチマン」の伊達みきおさんが提唱する「ゼロカロリー理論」が歌になった。

   理論自体も爆笑ものだが、歌のメロディーと歌詞の内容が「クセになる」とじわじわとネット上で注目を集めている。

  • 「ゼロカロリー理論」が歌に
    「ゼロカロリー理論」が歌に

「MONKEY MAJIK」が制作

   「ゼロカロリー理論」とは、2016年10月16日放送のテレビ番組「アメトーーク!」の「ついつい食べ過ぎちゃう芸人」以来、伊達さんが提唱している持論だ。曰く「柿の種は小さくて辛いからゼロカロリー」「カステラは潰して食べればゼロカロリー」「ドーナツは真ん中が空洞で、形がゼロを表しているから太らない」のだという。もちろん、そんなはずはない。

   最近でも、同番組の「揚げ物大好き芸人」(2018年9月2日放送)で、揚げ物は油といっしょにカロリーも飛ばしているとして、「揚げ物は全てゼロカロリー」と発言してスタジオを笑わせた。

   この「ゼロカロリー理論」をもとに、4人組ロックバンド「MONKEY MAJIK(モンキーマジック)」が制作した楽曲が「ウマーベラス」だ。8月31日に配信シングル、またCDはサンドウィッチマンとMONKEY MAJIKそれぞれのライブツアー会場限定商品としてリリースされた。

   8月30日に「avex(エイベックス)」の公式ユーチューブチャンネルにプロモーションビデオ(PV)がアップされると、9月5日時点で再生回数は60万回を突破した。「クセになるメロディー」「ちょっと何言ってるかわからない」と反響を呼んでいる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中