2020年 7月 4日 (土)

さとう珠緒に「くも膜下出血」の危機迫る 食事には配慮してもアレがやめられない

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   両手で拳を作り頭の上に持ってくる「プンプン」ポーズで知られる、タレントのさとう珠緒さん(45)に、まさかの「くも膜下出血」の危機だ。

   2018年8月30日放送の「主治医が見つかる診療所」(テレビ東京系)で、「脳ドック」を受けたさとうさん。ある生活習慣が原因で、その体に恐ろしい病気が忍び寄って来ていた。

  • 「脳動脈瘤」の可能性があるさとう珠緒さん(さとう珠緒さんのブログより)
    「脳動脈瘤」の可能性があるさとう珠緒さん(さとう珠緒さんのブログより)
  • 「脳動脈瘤」の可能性があるさとう珠緒さん(さとう珠緒さんのブログより)

1日3食栄養バランスのとれた食事だが

   さとうさんのある日の朝食はトースト、ソーセージ、タマゴ、野菜、ヨーグルト、コーヒーとバランスよさそうな献立だ。友人から、発酵食品には腸内環境を整え「血液サラサラ効果」が期待できると聞き、積極的にとるようにしているという。

   昼食は楽屋でお弁当。和食・洋食・中華料理のメニューから魚料理の入った和食を選択し、スタッフが買ってきた納豆とキムチを食べた。

   夕食は、飲食店で豚しゃぶ、ゴマだれ、マグロと長芋の和え物、エビクリームコロッケ、小松菜とジャコのおひたし、ポテトサラダと、栄養バランスが良い5品を選んだ。体型維持のため、夜に白米は食べないという。1日を通して、食生活に気を使っているようだった。

   しかし、さとうさんは大のお酒好き。2015年2月の放送では大量の飲酒をしており、脳梗塞が5か所に発見されていたのだ。今回の放送でも、夕食時にレモンサワー、白ワイン、ビールなど計4杯を空けていた。別の日も、スナックでべろべろに酔っ払った様子でハイボールを飲んでいた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!