2018年 11月 20日 (火)

「57度の傾き」がポイント 筋緊張10%低減する縦型マウス

印刷

   パソコンおよびモバイル機器向け周辺機器などを扱うロジクール(東京都港区)は、同社初の縦型マウス「MX Vertical アドバンスエルゴノミックマウス」を、2018年9月20日に全国の家電量販店およびインターネット通販などで発売する。

  • 人間工学に基づいた錘型 肩や手首などの負担を軽減
    人間工学に基づいた錘型 肩や手首などの負担を軽減

3台の機器を無線ペアリング可能

   通常のマウスが57度の角度で傾いたような形になっており、親指は土台となるサムレストに置いて握手をするように自然な握り方をすることで、一般的なマウスと比べ肩や手首、指周りなどの筋緊張を10%低減するという。

   人間工学に基づいて設計された錘(おもり)状の形は誰の手にもフィットするといい、表面はテクスチャード(模様の型押し)加工のラバー素材の採用により高いグリップを実現。

   1インチの動作でマウスカーソルを4000ドット移動できる最大4000DPI(Dots per Inche)の光学センサーを搭載する。

   独自の「EASY-SWITCH」機能を備え、3台の機器を無線ペアリング可能。各機器の切り替えはボタン1つで行える。専用ソフトウエア「Logicool Options」をインストールすれば、異なるOS間でのファイルコピーや、カーソルを画面の端に動かすだけで機器の切り替えができる「Logicool Flow」機能が利用できる。

   電源は内蔵のリチウムポリマー電池。スクロールホイールを装備し、総ボタン数は6。カラーはグラファイト。

   参考価格は1万2880円(税別)。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中