2018年 9月 22日 (土)

ご当地グルメがバーガーに 兵庫・加古川と静岡・駿河湾から

印刷

   モスバーガーは、「兵庫・加古川 デミグラ牛カツバーガー」(410円)と「静岡・駿河湾水揚げ 桜えびコロッケバーガー」(430円)を、2018年9月13日から11月中旬まで期間限定で発売する。

  • (左)デミグラ牛カツバーガー(右)桜えびコロッケバーガー
    (左)デミグラ牛カツバーガー(右)桜えびコロッケバーガー

地元スタッフが考案したメニュー

   日本各地の店舗スタッフが"地元の名物"を使った「ご当地メニュー」を考案、商品化するキャンペーンの第4弾。「バンズを使用した商品」を条件に、全国のスタッフからアイデアを募集した結果、兵庫県と静岡県のバーガーを商品化することが決定した。

   「デミグラ牛カツバーガー」は、兵庫県加古川市のソウルフードである"かつめし"をイメージ。牛カツにキャベツの千切りをのせ、地元で親しまれているというデミグラスソースをかけた。トッピングのアメリカンマスタードが味のアクセントとなる。ソースは、薄口しょうゆや赤ワインを隠し味としてプラス。より深みを出し、日本人にも馴染みやすい味わいに仕上げている。

   「桜えびコロッケバーガー」は、静岡県の地域ブランド食材だという駿河湾で水揚げされた"桜えび"を使用。レタスの上に、桜えびを混ぜ込んだコロッケとキャベツの千切りをのせ、えびクリーミーソースをかけた。桜えびの上品な香りと風味を堪能できる1品だ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中