2018年 9月 20日 (木)

表紙・裏表紙に国内間伐材を使用 環境にも優しい「木製中とじノート」 

印刷

   木材ノベルティー専門サイト「WOOD+(ウッドプラス)」を運営する「フロンティアジャパン」は、表紙・裏表紙が木製の「木製中とじノート」を2018年9月10日に発売した。

  • 「木製中とじノート」
    「木製中とじノート」
  • 「木製中とじノート」
    「木製中とじノート」

木を0.4ミリまで薄く

   「木製中とじノート」は、森林の整備を行う際に生じた、国内の間伐材を使用している。従来では難しいとされていた技術を用いて、木を0.4ミリまで薄く加工し、折り曲げることもできる。表面・裏面のラミネート加工により、木の質感・ぬくもりを損なうことなく、丈夫でしなやかな木製シートのノートを実現させた。使えば使うほど味が出て、手になじんでいくのが特長だ。

   発表資料によれば、間伐材の使用は日本の森林保全につながるだけでなく、企業側のメリットも多くあるという。対外的なCSR(企業の社会的責任)プロモーションの展開をはじめ、社内における環境への意識も日常業務の中で高めることができるとしている。

   参考上代(メーカー希望小売価格)は450円(税別)。最低ロットは1000個で、注文 ロットにより価格は変動する。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 【9月20日開催】人事・労務担当者必聴セミナー 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中