2018年 11月 13日 (火)

「スーパーカブ C125」 使い勝手と上質感を両立

印刷

   ホンダは、パーソナルコミューター「スーパーカブ C125」を2018年9月14日に発売する。

   スーパーカブシリーズは、1958年8月に初代モデルの「スーパーカブ C100」を発売して以来、低燃費や静粛性、信頼・耐久性の高い4ストロークエンジンを搭載し、乗降しやすい低床バックボーンタイプのフレームやクラッチ操作不要の自動遠心式クラッチの採用などで、幅広い利用者に愛用されてきたロングセラーモデル。2018年8月に発売60周年を迎える。

  • 使い勝手と上質感にこだわった1台
    使い勝手と上質感にこだわった1台
  • 使い勝手と上質感にこだわった1台
    使い勝手と上質感にこだわった1台

普遍的で上質感のあるスタイル

   歴代のスーパーカブシリーズの特徴的なデザインである、レッグシールドからリアフェンダーにつながる滑らかな曲面で構成されたシルエットに、初代モデルを想起させる"鳥が翼を広げたような形のハンドル"部から、フロントフォークまでを一体とした「ユニットステア」を採用した。普遍的で上質感のあるスタイルに仕上げた。

   車体はスーパーカブ110を基調に、構成部品の強度を高めることで安心感のある車体挙動を実現。足回りは前後サスペンションのストローク量を最適化することで快適性をアップさせた。また、エンジンは扱いやすく燃費に優れた空冷・4ストローク・OHC・125cc単気筒エンジンを採用。各部の最適化を図ることで、より静かで変速ショックの少ないスムーズな変速フィーリングを叶えた。

   さらに、優れた利便性と快適性を両立した最新装備として、省エネルギーのLED灯火器やより便利にエンジン始動が可能な「Honda SMART keyシステム」を搭載。加えてクロームメッキのパーツをレイアウトした上品な雰囲気のメーターなど、よりスマートな使い心地と上質感にこだわった。

   価格は39万9600円(税込)。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中