2018年 9月 25日 (火)

「別れた」「しつこい」「知らない男」 女の子はLINE「ブロック」に迷いなし

印刷

   手軽なコミュニケーションツールとして現代においては欠かすことの出来ない「LINE」。

   今ではすっかり定着していますが、その手軽さ故に知らない間に「ブロックされていた...」などの経験がある人も多いのでないでしょうか?

   そこで、今回は、どういった瞬間にギャル達はブロックしようと思うのかを徹底調査!男性達はこの記事を参考に、女性から「ブロック」されないよう注意してくださいね!

  • 「ウソ、オレ、ブロックされてるよ…」
    「ウソ、オレ、ブロックされてるよ…」

「誰でも連絡してオッケー」じゃない

【ギャルがブロックを決意した瞬間その1:破局で即・ブロ!】

   「彼の浮気が発覚して別れることになったんです。前に進むためにもブロックすることにしました」と、彼の浮気→破局が原因でブロックしたことを教えてくれたのは、JK2 年のYさん。自分から連絡しないための事前の防御策として、また、元彼から連絡があった時に気持ちがブリ返さないためにもブロックする意味があるようです。

【ギャルがブロックを決意した瞬間その2:しつこい誘いに即・ブロ!】

   「合コンで知り合った人とLINE交換したら、そこから毎日連続でLINEが...。しつこ過ぎてブロックしちゃいました」と、過剰なお誘いLINEに嫌気が指したことを教えてくれたのは、JD4年のMさん。合コンの場では社交辞令でどうしてもLINE交換しなくてはならないこともしばしば...。男性側は「LINE交換出来たからラッキー!」と思わずに、作戦を練ってからお誘いLINEをした方が賢明です。

【ギャルがブロックを決意した瞬間その3:知らないメンズからLINEで即・ブロ!】

   「いきなり友達からグループに招待されたと思ったら、知らないメンツもいて...。そこから直接連絡をしてくるメンズがいたので怖くなってブロックしました」と、勝手に自分のLINEを登録→連絡が来たことでブロックしたのは、JK1年のRさん。「LINE=誰でも連絡してオッケー!」といった軽い気持ちでLINEをしてしまうとブロックの対象になりそうなので注意が必要です。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中