2018年 9月 24日 (月)

「のまのまイェイ!」懐かしの「恋のマイアヒ」が復活! PV公開、Mステにも出演決定

印刷

   あの伝説の「空耳ソング」が帰ってきた。音楽グループ「O-Zone」のボーカルだったダン・バランが2018年9月12日、新曲『恋のマイアヒ2018~ノマノマ・ダンス』を発表した。

   かつて日本で大ブームを起こした『恋のマイアヒ』のアレンジ版となる。

  • 『恋のマイアヒ2018~ノマノマ・ダンス』
    『恋のマイアヒ2018~ノマノマ・ダンス』

今年はルーマニア元年?2005年に日本でCD80万枚以上を売り上げた

   『恋のマイアヒ』(原題:DragosteaDin Tei)は、東欧・モルドバ出身の「O-Zone」が03年にルーマニアでリリースした。世界中でヒットを記録し、日本でも05年にCDが発売されると、80万枚以上を売り上げた。

   日本で人気となったワケは、ルーマニア語の歌詞が「空耳」で日本語のように聞こえると話題になったためだ。特にサビ部分は「のまのまイェイ!!」に聞こえるとして話題になった。ネット上では、「のまネコ」と呼ばれる猫のキャラクターが酒を飲むフラッシュ動画も作られ、ネットの掲示板「2ちゃんねる」を中心に人気を博した。

   それから10数年。グループは解散したものの、ボーカルのダン・バランがラップパートなどを新たに加えた『恋のマイアヒ2018』を発売した。9月17日放送の「ミュージックステーション ウルトラFES 2018」でも披露される。

   なお、同じくルーマニア出身の歌手・マッテオが13年に発売した『シリシリダンス-パナマ -』(原題:Panama)も、"第二の恋のマイアヒ"として今年日本国内で話題になった。サビの「Zile, Zile」が「シリシリ」に聞こえるとして、動画共有アプリ「Tik Tok」で流行。曲に合わせて踊る動画が多数投稿され、ついに8月には日本でもリリースされた。

『シリシリダンス-パナマ -』(Amazonより)
『シリシリダンス-パナマ -』(Amazonより)
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中