2018年 10月 20日 (土)

電気でチームを応援 Looopでんき、Bリーグファン向け「電気プラン」

印刷

   電気料金の支払いでチームを応援――。電力会社「Looop」(ループ、東京都台東区)は2018年9月18日、男子プロバスケットボール「Bリーグ」の新潟アルビレックスBB、福島ファイヤーボンズと提携し、サポーター向けの電気料金プランを販売すると発表した。

  • (上)新潟アルビレックスBB、福島ファイヤーボンズ
    (上)新潟アルビレックスBB、福島ファイヤーボンズ

電気料金の一部がチームに還元される

   新プランは「新潟アルビレックスBBでんき(仮)」「福島ファイヤーボンズでんき(仮)」の2種類。提携により、それぞれのプランで「Looopでんき」と契約すると、電気料金の一部がチームに還元されるという。「ブースター」と呼ばれるサポーターが、「Looopでんき」を通じて各チームを資金面で「応援」できるというわけだ。

   Looopは発表文の中で、

「ファンの皆さんがもっと気軽にチームを応援できるようになるだけでなく、スポーツ振興、またチームの活動を通じて地域活性化にも貢献できます」

とコメント。今後もスポーツチームとの提携を進め、「ファンとチームをつなぐコミュニティ作り」をしていくとしている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中