2018年 10月 22日 (月)

「ホークス最終戦には打ちまくって」 西武ライオンズ、ロッテへ「謎エール」の真相

印刷

   2008年以来、10年ぶりのパ・リーグ優勝を狙う埼玉西武ライオンズは、2018年9月17日、マジック11が点灯した。今後は2位の福岡ソフトバンクホークスの試合結果にも注目が集まる。

   ソフトバンクとの3連戦を「3タテ」と最高の結果で終え、6.5ゲーム差と引き離した西武。だがその前、インターネット上ではソフトバンクの猛追に焦っているとの声もあった。千葉ロッテマリーンズに「優勝アシスト」をお願いするかのようなメッセージを送っていたからだ。

  • 2008年以来10年ぶりのリーグ優勝を目指す埼玉西武ライオンズ
    2008年以来10年ぶりのリーグ優勝を目指す埼玉西武ライオンズ

ヒタヒタと迫ってきた2位ソフトバンク

   西武は9月9日、ロッテと本拠地メットライフドームでの最終戦を行った。球団は6回終了後、球場内のビジョンにこんなメッセージを映し出した。

「シーズンも残りわずかになりましたが、うちの山川穂高と兄弟のような 絶好調!井上晴哉選手に期待しています。9月30日からの4連戦と10月8日のホークス最終戦にはガンガン打ちまくって、熱き男達をギャフンと言わせてください」

   2位のソフトバンクは8月以降好調で、西武にゲーム差を詰めており、9月14日時点で3.5ゲーム差となった。また、ロッテはソフトバンクとの試合を8試合残しており、パ・リーグの最終順位にも大きく関わってくる。上記のメッセージの内容は野球まとめサイトなどで取り上げられ、「他力本願かよ」「焦ってんな」「V逸目前」などといった揶揄が飛び交っていた。

   西武は2位・ソフトバンクとの9月15日からの3連戦を「3タテ」し、現在は6.5ゲーム差となっている。だが、当時は優勝への焦りを感じていたから、ロッテに上記のようなメッセージを送ったのではないか。9月18日、J-CASTトレンド記者は埼玉西武ライオンズの広報部に問い合わせてみた。

「焦っていたのか」とズバリ聞いたところ

   率直に「焦っていたのか」との疑問をぶつけたところ、「違います!(笑)」と返ってきた。ではどういった意図があったのか。

「ビジターチーム(ロッテ)のメットライフ最終戦だったので、シーズンを通して来場してくださったビジターファンの皆様への感謝の思いを、ビジョンを通してお伝えしました。ファンサービスの一環で、ユーモアを含めてビジターファンの皆様に楽しんでもらおうとの思いです」

   実はこうしたビジョンでメッセージは2017年シーズンも実施しており、今シーズンも8月16日のオリックス・バファローズ戦、9月14日の東北楽天ゴールデンイーグルス戦でも送っている。残り2球団、北海道日本ハムファイターズ(9月19日)と、ソフトバンク(9月29日)とのメットライフ最終戦にも予定している。

   優勝ならびにクライマックス(CS)シリーズを争う2球団にどんなメッセージを送るのかも注目したいところだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中